読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

準備はどこまで必要か:タロットカード私の解釈「魔術師」

ブログ

何かを始める時、まず思うことは

「どこまで準備したらいいのか。」

「何を準備したらいいのか。」

そして

「準備が整ってから始めた方が良いのではないだろうか・・・。」

 

実は、こんな考えに囚われている時は、

「準備ができていない時」

もっと言えば、

「準備が出来ていたとしても始まらない時

なのです。

 

イベントを企画運営する仕事をさせていただいています。

 

イベント企画の依頼があった時、まず最初に決める事は、「お客様に何を持ち帰っていただくか」

それは「主催者の熱い思い」でもあります。

 

次に決めることは「いつ開催するか」 です。

 

それから、開催の日をゴールとして、いつまでに何を準備したらいいのか決めていきます。イベント開催の季節に合わせて、イメージを決めてコンセプトを決定します。

主催者の思いが熱いほど、イメージが溢れるように湧き上がります。

 

イメージにぴったりの場所の設定をし、イメージ通りの会場を抑え、出展してくださる方々にオファーをします。

 

日時、場所、ご協力頂く人が決まってから、細かい事柄を決めていきます。

 

ゴールのイメージが具体的であるほど、準備も具体的に綿密に出来ます。

 

そして

「これだけ綿密に準備したから、大丈夫!」

と、自信を持って当日を迎えることができるのです。

 

 

 

 

 

そして迎えたイベント当日

必ずと言っていいほど、忘れ物をしてしまったり、必要なものが見つからなかったり・・・

それで急遽、代わりの物を取り繕って使わなくてはいけない事態に。

でも、結構それが、というか、その方が良かったりするのです。

 

挙句の果てに

「こっちの方が楽しそう!」

と、予定にはなかった提案を思いついてしまい・・・

準備に一緒に奔走していただいた方々には申し訳ないのですが、準備にはなかった事を始めてしまうのですが、お客様の評判が予想以上に良かったりするのです。

 

会場のディスプレイも、当日、その場で作り変えたこともありました。

 

イベント後の反省会では

「嵐に巻き込まれたみたいで、しっちゃかめっちゃかだったけど、無事終わって楽しかったね。」

と、達成感でいっぱいになります。

 

そして、皆様の協力があってこそ出来た、協力がなければ何一つ出来なかったと、いつも感謝の気持ちでいっぱいになります。

 

その感謝の気持ちを、どんな形でお返ししようかと、次への意欲が湧いてくるのです。

 

 

 

 

 

 

準備が整い、始まりを告げる「魔術師」のカード。

 

魔術師は、魔法で「不可能を可能」にしてくれ「夢を叶えてくれる」存在です。

 

背景の黄色は「自分」の色。

「あなたはどんな不可能を可能にしたいの?」

「どんな夢を叶えたいの?」

と訪ねています。

 

魔術師の頭の上には「無限大」を表すマークがあり、可能性が無限に広がっている事を教えてくれています。

 

情熱の赤い色のマントを羽織り、右手を大きく伸ばして天のエネルギーを真っ直ぐに受け、それを左手で地に向かって注いでいます。

 

机の上には、タロットカードで火・地・風・水の世の原理とされる四つの象徴のマークである棒・ペンタクル・剣・カップが、全て揃って並べられています。

 

周囲には色とりどりの花が咲き誇り、始まりに華を添えてくれています。

 

踏み出した先の世界は「無限大」の世界が広がっています。

無限大に広がっている世界に対応できるほどの準備は、限りなくキリがありません。

とりあえず、今必要な準備だけして、後は「現地調達」の方が、無駄な時間と労力を使わなくて、効率が良いはず。

 

用意できる準備だけでは、無限大に広がる世界では通用しません。

 

私が一番大切だと思う準備は「心の準備」です。

 

しっかりと心の準備ができるのは、当日まで、地道にコツコツと、綿密な準備が出来てこそ持てるのだと思います。

 

やるしかない!と「覚悟」を決めた瞬間に

全てが動き始めます。

 

 

 

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。