読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

危険な「二人」は最高の「二人」でもある:「火」と「水」:「水火激沖」と「水火既済」

ブログ

五行の組み合わせの中で、最も「厄介」なペアがあります。

それは、「火」と「水」のペアです。

この二つが出会うと、「運気が混乱する」または、「運気が最も美しくなる」と、全く異なる解釈をされます。

 

 

「運気が混乱する」のは、「水火激沖」と言われます。

これは、燃え盛る「火」の中に、冷たい「水」を投じると、両者が熱い水蒸気を生み出すために、辺りが混乱して収集がつかなくなります。

 

これが起こるのは、「命式」そのものに問題があ場合だけではなくて、巡ってくる「大運」「年運」「月運」や、十二支同士の組み合わせで「一時的」に起こることもあります。

 

 

 

もう一つの、「運気が最も美しくなる」のは「水火既済」と言います。

これは、大海原に太陽が照り、太陽の光が水面にキラキラと光り輝く状態です。

 

「火」は「丙」、「水」は「壬」の時に起こると言われています。

 

「丙」は「火・陽」です。太陽の象徴です。

「壬」は「水・陽」です。大海原の象徴です。

 

「陽」の気は、外向きに動く特徴があります。つまり、外からの影響を受けません。

そのために「丙」は、まるで太陽の様に、辺り一面に明るさを放出していると考えるのです。なので、太陽の象徴と言えます。

「壬」は、誰にも遮られずに「水」として存在できる「海」や、大きな流れの川の象徴と言えます。

 

 

ちなみに、「火」の「陰」は「丁」です。

「丁」は、風になびく「炎」

「水」の「陰」は「癸」です。

「癸」は大地や植物や人や動物などの体内に吸い込まれていく「雨」です。

 

 

「陽」同士の組み合わせが「吉」なのに、「陰」が来ると「凶」となる。

それでは、「陰」は悪者なのか?

そう考えたくもなりますが、そんな事はありません。

 

 

なぜ、そう言えるのか考える前に、五行論の成り立ちについて考えてみましょう。

 

五行論は、斉国の陰陽家である鄒衍(すうえん)が考案したと言われています。

鄒衍は、五行を捉える時、最初に「火」は「太陽」であると考えます。

そして、その次に、「水」は「月」であるとしました。

そして、残りの五行を惑星に結びつけていき、「暦」を作成したと言われています。それから、五行は、万物に当てはめられていったのです。

 

 

既に知られていた「陰陽論」に当てはめて、「火」と「水」の象徴を考えました。

 

つまり、「火」は「陽」で、「水」は「陰」であるとしたのです。

 

「水火激沖」は、火の中に水を投入した状態なので、陰陽が混じり合っていることになります。

これは、「太陽」と「月」が混じり合って空に浮かんでいる状態です。こんな事が実際に起こったら、大変ですよね!

「大混乱」です。

 

太陽と月が重なって見える「食」が恐れられていたのも、ここからきているのかもしれないですね。

 

 

「水火既済」は、「太陽」と「海」は、お互いに接触はしていません。距離を保ち、お互いを攻撃しあう事なく、その場所に存在しています。

これは、陰陽が最も安定してバランスをとっていると言えます。

「火」は「火」として輝き

「水」は「水」として波を立てる

「水」は「火」を消してしまおうとはしていないし、「火」も「水」の波を止めようとはしません。

良い距離感を保つことで、それぞれの力が存分に出せています。

だから、「最も美しい」とされているのです。

 

 

 

「水火激沖」にならない様にするには、これらを踏まえて、調整をしていきます。

ポイントは、「良い距離感」「お互い邪魔しない」「ごちゃ混ぜにしない」

 

 

つまり、「オン・オフ」の切り替えをきっちりとすると良いというわけです。

・交感神経と副交感神経のバランスをとる

・仕事時間とプライベート時間を分ける

・睡眠時間を確保して、起きている時と寝ている時のメリハリをつける

など。

 

四柱推命では、「水火激沖」を防ぐために、「金」を用いると考えます。

「金」は、きっちりと切り分ける気です。

気分転換を図りながら、オンとオフを切り分けることで、「火」と「水」は、最高の美しい景色に変わってくれるのです。

 

 

 

五行の組み合わせは、暦上だけで起こるのではありません。

世の中のものは全て気で構成されています。

だから、誰でも「太陽」と「月」がぶつかり合う危険があることになります。

 

 

いくら考えてもまとまらないし、気持ちばかり焦って、何も手につかなくなって、夜もなかなか眠れずに、朝はいつまでも眠い・・・・

これは、もしかしたら、「水火激沖」になっているかもしれませんよ。

そのままでは、大変。

 

そんな時は、とりあえず、大きく息を吐いてから「深呼吸」を3回してみましょう。

体の中に吐き出せずに溜まっている二酸化炭素を追い出して、新鮮な酸素を吸い込む。

「金」は呼吸を司る気です。

だから、埋もれていた「金」が目覚めて、状況を改善してくれるはずですよ。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。