読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「地支」を受け入れると上手くいく:魔がさす瞬間の「景色」・<亡神>

ブログ

全てのものは、「陰」「陽」の二つの相反する質を兼ね備えてこそ、成立することができると東洋思想では考えます。

 

暦を用いて、その人の「運」や、巡る「運」を紐解いていく四柱推命においても、「陰」「陽」をとても大事に考えていきます。

 

この世に生まれ落ちた時の「気」は、その人の手に入れた「時の気」であり、その人の「種」となります。

それを「命式」と言います。

 

「命式」は、十個の干支である十干と、十二個の十二支の組み合わせから出来ています。

十干と十二支は、一つのペアとなります。単体では成り立ちません。

「命式」の中では、十干は「天干」、十二支は「地支」と言います。

 

「天干」は「陽」の部分を

「地支」は「陰」の部分を

それぞれ担当しています。

植物で例えるならば、「天干」は枝葉や花や実、「地支」は地面の中に伸びていく根っこです。

 

「天干」は「陽」なので、外向きに動きていく流れで、表面に現れ明るみになっていきます。

それは、机の上に並べていくように。

なので、他人と共通認識が出来ます。目に見えるからわかりやすいのです。

つまり、「天干」は、「顔」の部分を表していると考えることもできます。

また、「行動」「発言」「主張」も「天干」から読み解けます。

 

 

 

「地支」は「陰」なので、水面下で密かに広がっていきます。土の中で根を張る過程は、土を侵食して蝕んでいくこともあります。蝕まれてしまった土は、ある時崩れてしまいます。

その反対に、根が張るからこそ、土が「固まり」となることもあります。プランターの中で根が蔓延ると、植物を抜いた時に、そのままスポッと外れるような感じです。

 

「地支」が表すのは、その人の内面です。

心の中で何が、どのように蠢いているのかを「地支」が表しています。

 

 

十二支の解釈はとても難しいです。

それは、十干と違って、机の上に並べることができないからです。

なので、人によって捉え方や解釈が異なります。感じ方も異なります。

しかも、当の本人でさえ、想像することしかできないために、非常に悩みます。

なので、解釈が難しいのです。

 

 

でも、だからこそ面白いとも言えますね。

 

頭では理解しているはずなのに、つい、やってしまった・・・・

ダメなのはわかっているけど、諦めることができない・・・・

突き動かされる衝動に動かされてしまった・・・・

 

これらは「地支」が急激に蠢いている時に起こる現象です。

言葉では説明できなくて、人にも理解してもらえない、もちろん、自分でもなぜなのかわからない。「地支」は人を、突き上げてきます。

とてもドラマティックに。

そして、想定外の力が「天干」を動かして、想定外の「行動」は、新しい「変革」を起こします。

 

 

計画を順調に遂行することで、約束された予定通りの「成功」を手に入れたいと考えている人にとっては、ちょっと怖いかもしれません。

でもそれは、「変革」ではなく延長線上にある「過程」に過ぎません。

 

 

 

「好きなことをやっていると、いずれは上手くいく」

 

これは、ある意味間違ってはいないと思います。

「好きなこと」は土の中の根っこが、ストレスなく伸びていける環境と考えられるからです。

ただし、上手くいくかどうかは、残念ながら断言はしかねます。

根だけ立派でも、枝葉を伸ばして、花を咲かせるには、「旬」の時期を間違えてはいけないからです。

なので、自分の都合では上手くいかず、周囲の「季節」に合わせる必要があります。

そのために、「行動」「言動」「主張」は、「季節」に応じて出していかなくてはいけませんね。

ということで、結局は、我慢するとか、努力するとか、待つとか、人の意見を聞いてみるとか・・・だから「好き」だけでは上手くいくかどうかはわからないですね。

 

でも、「好き」でなければ我慢はとても辛いから

好きでなければ続かないし、成功できないとも言えます。

もしも、万が一でも何かの拍子で嫌いなことで成功してしまったとしたら・・・・・

これはかなりキツイでしょうね。

 

 

 

では、十二支をどのように捉えていくと良いのでしょうか。

私は「季節」として捉えていくと理解しやすいのではないかと考えています。

なぜなら、日本は豊かな四季があります。

どこに住んでいても、4つの季節を十分に感じて楽しんでいる日常があります。

それと合わせて、五行の四季と一緒に捉えていきます。

 

 

十二支の季節は次のようになります。

<春>(木)

1)寅

2)卯

3)辰

 

<夏>(火)

1)巳

2)午

3)未

 

<秋>(金)

1)申

2)酉

3)戌

 

<冬>(水)

1)亥

2)子

3)丑

 

 

1)は全て勢いがあります。強く衝撃的です。

季節がこれから移り変わっていく、今までの季節を押し退けて、自分が頂点に登って行こうとするからです。

 

2)は頂点を極めた状態です。盛りを迎えました。

ただし、盛りを過ぎる予感を感じ始めます。なので、なんとか抵抗しなければと葛藤が生まれるのです。

 

3)は下がっていきます。どんどん次に向かっていきます。移り変わりの時期です。

どんどんまとまっていき、どんどん小さくなっていきます。気持ちが内面に向かって、かつての「盛り」を懐かしむのです。

 

 

「季節」の捉え方も、人によって違います。

「夏」といえば、「花火」が浮かぶ人もいれば、「蝉の鳴き声」を思い出す人もいます。また、好きな季節と苦手な季節もありますね。

なので、自分の考える「季節」に照らし合わせて、解釈をしてみてくださいね。

 

 

 

季節にも「想定外」の天候があるように、「地支」にも「想定が」があります。

ある特定の「十二支」が重なり合うことで、突然の「異変」が起こります。

魔がさす時とも言えるかもしれません。

それを「亡神」と言います。

「亡神」とは、専門的な用語を使うならば、三合局と擬似局を構成する十二支が4つとも全て揃うことです。

 

・申・亥・子・辰・・・・「水」の亡神

・亥・寅・卯・未・・・・「木」の亡神

・寅・巳・午・戌・・・・「火」の亡神

・巳・申・酉・丑・・・・「金」の亡神

 

 

例えば、「命式」の「地支」に「申・亥・子」を持っている場合、「辰」が巡ってきたき、「辰」を持っている人とご縁が繋がった場合など、「水」の気が溢れることになります。

「想定外」が吉と出るのか凶と出るのかは、どうなるかわかりませんが。

でも、地面が大きく揺らぎます。心が大きく踊ります。

だから、大変身ができる可能性があるのです。

 

もしも、「あの時、どうしてあんな事ができたんだろう」と振り返って感じる時期があるとしたら、「亡神」が起きていたのかもしれないですね。

 

いずれにしても、突き上がる衝動は、「天干」で受け入れて、形にしていく行動をすれば、きっと上手くいきます。

衝動に飲み込まれないで。

衝動を受け入れる。

そんな懐の深さが大事ですね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。