読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

五行「水」の特徴:冬は「水」と仲良くしよう

ブログ

11月からの3ヶ月、冷たい「冬」の季節となります。

11月は「亥」

12月は「子」

年が変わって1月は「丑」

この3つの十二支の組み合わせは「冬」です。

 

例えば、「命式」の十二支にこの3つが含まれている場合、その人は「最強の冬の人」です。とても冷静で、とても知性的な、クールな考えを持っている人。

「クールビューティー」の人となります。

 

また、巡ってくる十二支によっても、「最強の冬もどき」になります。

冬の十二支のうち二つだけ「命式」にある場合は、残りのひとつが巡る月には、1ヶ月間限定ではありますが、「冬」がとても強くなります。

 

なので、いつもテンション上がり気味なのに、年末あたりだけ、やけに考え込み過ぎてクヨクヨしてしまうのであれば、「冬」の十二支の仕業かもしれませんね。

 

 

 

東洋思想では、全てのものは五つの気に分類できると考えます。

五つの気とは、「木」「火」「土」「金」「水」です。

これらをまとめて「五行」と言います。

 

 

季節も「五行」に分類できます。

「冬」は「水」

「冬」は「水」の様に、気が進み行くと考えられているのです。

 

 

「水」は絶えず流れます。

流れる方向は、「下」に向かって。

なので、寒くなると、身体が丸まって、背中も丸まって、視線が下に向いてしまう。

視線が下に向くと、地面に目が行く。なので「足元」が良く見えてきて、自分の立っている「場所」を分析し始める。

そうすると、「足元」の不具合を見つけてしまって、「このままこのずっと、この場所に立っていられるのか」と不安になったり、反対に「このまま、この場所にずっと立っていなくてはいけないんだろうか」と不安になったり。。。。

 

だから、「冬」になると、なんとなく心が沈んでしまうのは、自分が悪いのではなくて、気の進み行く方向のせいでもあるんですね。

 

 

 

「水」は、どんな「器」にも納まります。

周囲の「型」に馴染みます。

周囲に合わせる柔軟性は、争いを避け、優劣を決めません。

ただし、それは、「型」が隙間なく完璧な状態であった場合のみ。

もしも、少しでも、「隙間」があったなら、そこから「水」は染み出していきます。

だから、じっと「型」に馴染んでいるからと、安心はできません。

頑張らない「型」は、たちまち「水」に見放されて、「水」は隙間から逃げて行ってしまうのです。

 

 

争い事を避ける人は、とても心穏やかで、優しい人だと思われています。

でも、それは「水」の様に、ただ「型」に納まってくれていただけなのかもしれません。「型」に魅力がなくなってしまったり、「型」の吸引力がなくなってしまうと、いつの間にか、目の前からいなくなっています。

 

この場合、残念ながら、「修復」は難しいかもしれません。

なぜならば、「水」は少しずつ漏れ出しているので、気がついたら「なくなっていた」のです。

 

例えば、「命式」に「水」が多い人、または、「日柱」が「水」の人は、「突然いなくなる」ことがあります。

昨日まで、「頑張ります」と笑顔で話していたのに、次の日には、「やっぱりやめます」と爆弾宣言をすることがあります。

ここで理由を尋ねても、本人もよくわからない。言葉にできない。

「気が済んだから」と言うしかありません。

 

 

なので、「水」をたくさん持っている人は、「ミステリアス」だと解釈をされているのです。

 

 

 

先ほども書いたように、「水」は「下」に向かいます。

「下」とはいったいどこなんでしょうか。

 

山から湧き出た水が、やがて海に辿り着くように「母なるもの」に向かっているのかもしれません。

水分が乾きを潤してくれる様に、内側に向かって入り込むように、外から内へ、内のまたさらに内へ、「核」に向かっているのかもしれません。

五行分類では「水」の五徳は「叡智」であると考えます。

「叡智」は、物事の「本質」を極めようとしていきます。

 

これらの「水」は、目指す方向が定まっています。

コントロール可能な状態です。

なので、途中で方向を間違えそうになっても、いずれは目指す場所へと到着するでしょう。

 

 

もしも、目指す方向が見えなくなってしまったら・・・・

「奈落の底」に落ちていくかもしれません。

落ちていくことを拒む限り、手を伸ばして、何かを掴もうとします。

それは途方もない「恐れ」を感じるからです。

何を掴めばいいのかもわからないから、手当たり次第掴みます。

簡単に掴めるものに、すがりついてしまいたくなります。

そして、そんな状況下で「恐れ」から突然解放されたとしたら

「恐れ」を放棄した、といった方が良いかもしれません。

「奈落の底」に向かっていく。

これは、「水」が極限まで極まった状態であるとも考えれます。

 

 

この状況を考えた時に、いつも頭に浮かぶ「シーン」があります。

それは、映画「ジョーカー」でのシーンです。

主人公の「アーサー」は、毎日無機質な階段を上って、自宅に帰って行きます。

階段は、とても高くて、辛い。でも上る。

ある時、ふと顔を上げ、彼は、突然階段を降り始めました。

階段を降りていく彼の表情は、「恍惚」としています。

怖い物が何もない。失いたくない物が全くない。

「ジョーカー」が誕生した瞬間です。

 

 

 

五つの気は、お互いに影響を与えながら、バランスをとろうと動きています。

綱引きをしているイメージです。

 

なので、ある一つの気だけが大きくなりすぎるのは、ちょっと「危険」です。

 

 

これからの3ヶ月は「水」を上手にコントロールしていきたいですね。

例えば、下ばかり向かないで、時々大きく背伸びをする。

肩が丸まって肩甲骨周囲が凝ってしまうから、「肩甲骨はがし」の体操をする。

「水」は「黒」

だから、黒い物を食べる。

黒豆、海苔、黒ごまなど

「水」は「腎」

腰回りを温める

むくみ対策もおすすめ

それからもちろん「冷え」対策も

海老は体を温めてくれる食材です。鰻もおすすめ。

豆類も良いですね。

体を締め付けず、温かい服装のオシャレを楽しむ。

などなど。

 

 

「水」と仲良くする方法を、たくさん取り入れて、「冬」を楽しみたいですね。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。