読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

気の巡りの「目詰まり」を解消して行こう:「漏星」について

ブログ

紅葉の盛りを過ぎると、落ち葉が美しい頃になります。

葉が落ちてしまうのは、冬の準備のために、木からの栄養供給が絶たれてしまい、葉が枯れてしまうからだそうです。

 

 

地面に落ちた葉は、枯れてしまっている様には見えないくらい美しいし、役目を終えて、次へとバトンを手渡す潔さも感じます。

 

 

物事が極まり、その勢いが、そのまま次の段階に移っていく。

五行の巡りでは、一つ先に進む流れの先にある五行を「漏星」と言います。

 

「木」の勢いが増すと「火」へと気が漏れ出す

「火」の勢いが増すと「土」へと気が漏れ出す

「土」の勢いが増すと「金」へと気が漏れ出す

「金」の勢いが増すと「水」へと勢いが漏れ出す

「水」の勢いが増すと「木」へと勢いが漏れ出す

 

 

漏れ出す気を止めてしまうのは、気の巡りを遮断してしまうこと。

漏れ出すことで、「その先」へと気が巡っていきながら、もっと先へと繋がってきます。

 

 

 

その巡りが「ポジティブサイクル」である場合、そのまま進むと大丈夫。

「もっと先」もポジティブに繋がっているから。

そうではない場合は、漏れ出す気を調整していくと、いくらでも軌道修正できます。

 

大きな目標を達成している人は、「目の前の事」に向き合って取り組んでいて、遠い先の事はあまり考えていない人です。

これも、漏れ出す気を意識しながら、軌道修正している行動だと思います。

 

 

 

それでは「ポジティブサイクル」の場合について書いてみますね。

 

第1段階:「木」→「火」

好奇心から生まれた目標のために行動する(木)

この状態が極まっていくと

胸がワクワクして楽しくなる(火)

 

第2段階:「火」→「土」

いつも笑顔でいるから、皆んなが楽しそうねと言ってくれる「火」

結果、人から応援してもらえたり、信頼してもらえる。

この状態が極まってくると

周囲のゴタゴタが気にならず集中して取り組めるようになる「土」

 

第3段階:「土」→「金」

応援してくれる人たちへ感謝の気持ちが芽生える「土」

仲間との一体感が芽生える

この状態が極まってくると

仲間との交流から新たなアイデアが生まれる「金」

 

第4段階:「金」→「水」

アイデアが研ぎ澄まされていき個性が輝く「金」

この状態が極まってくると

より良くしていくために思考を深めていく「水」

 

第5段階:「水」→「木」

思考を深めることで知識が深くなる「水」

知識が深まると、賢明な判断力が身に付く

この状態が極まってくると

的確な状況判断ができ、より発展するために必要な新たな方向性(課題)が見えてくる「木」

 

このサイクルは、螺旋階段のように、ぐるぐると上がっていきます。

 

 

第1段階「木」→「火」のチェックポイントとしては、「楽しい」かどうか。

胸がワクワクしてくる様な、楽しさを感じられないのは、「火」へスムーズに移行できていないことです。

つまり、目詰まり状態。

なので、楽しくなければ軌道修正。

 

 

第2段階「火」→「土」のチェックポイントとしては、「集中」できているかどうか。

周囲の意見に振り回されてしまい、自分で決断できないと、「集中力」が固まりません。自分の中心に「軸」が通っていなければ「土」へは移行できないのです。

つまり目詰まり状態。

なので、覚悟を決める。

 

 

第3段階「土」→「金」のチェックポイントとしては、「交流」できているかどうか。

良好な関係が築けている場合、お互いの「違い」を認識できていて、それを認め合ってるからです。

「違い」が認識できなければ、言いなりになってしまいます。

相手をコントロールしようとする気持ちが強くなってしまうのは、認め合えないから。

明確な「境界線」ができないと、「金」へと移行できません。

つまり、目詰まり状態。

なので、異なる意見にも耳を傾ける。

ただし、言いなりにはならないで。

 

 

 

第4段階「金」→「水」のチェックポイントとしては、「学び」があるかどうか。

「違い」を認めるには、「違い」の真理を理解しなくてはいけません。

その為に必要となる先人の知恵や経験から得る「ヒント」を得る方法は「学び」です。

自分の考えだけに凝り固まってしまうと、「水」への移行ができません。

つまり目詰まり状態。

なので、真理を学ぶ。

 

 

第5段階「水」→「木」のチェックポンととしては、「動機」があるかどうか。

「学び」を実践するためには、「なぜそれをするのか?」がはっきり定まっていないと、方向がぐらぐらと揺れてしまいます。

明確な「動機」は、「課題」がはっきりと見えているから生まれます。

うやむやでは、水が四方八方に流れていくだけ。道筋を決めないと「木」へと移行していきません。

この巡りは目詰まり状態ではなくて、「分散」と言った方がピッタリかもしれませんね。

 

 

 

それぞれの段階の調整の中で、一番難しいのは「第5段階」かもしれません。

 

大きな「水瓶」から、たった一杯の「水」だけを自分の器に入れて、心から満足できるかどうか試されるからです。

たくさんの豊かな水が入っていると、つい「もう一杯欲しいな」と欲張ってしまう。

他の人の器が大きく立派に見えてしまったりもする。

 

あまりにたくさんの「選択肢」や「情報」に埋もれてしまうと、選べない。決められない。迷うだけで疲れてしまう。

 

 

黄色に輝くイチョウの葉が、豪快に散り落ちる様子を見ていると、「終わりの美しさ」を感じます。

イチョウを眺めていると、もう一度「課題」に向き合ってみようかなと思えてきました。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。