読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

目覚めの準備を始めましょう:十二支の組み合わせて起こる「化学反応」について

ブログ

四柱推命では、この世に生まれた瞬間の「景色」を「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の4つの柱で表します。

この4つの柱の「塊」を「命式」と言います。

 

「命式」は2階建構造です。

上の部分を「天干」、下の部分を「地支」と言います。

 

「天干」は「十干」を、「地支」は「十二支」が割り当てられています。

「十干」は、物事が行く様。これを10段階に分類しています。

「十二支」は、物事の雰囲気。形のないものではありますが、「四季」の移ろう様として当てはめて考えていきます。

 

 

運気の流れを読み解いていく場合、主に「天干」で考えていくのですが、もっと深く切り込んでいく場合には、「十二支」の組み合わせも読み解いていきます。

 

組み合わせによっては、激烈な化学反応を起こすと考えるものもあります。

この状況は、「魔がさす時」「気分がクルッと変わる時」「急に解放されたと感じる」など、説明は難しいけど、「確かに何か」に動かされている気がする・・、といった感じになりやすいです。

 

 

 

2022年、節分が明けると、「寅」がやってます。

「丑」から「寅」へと移ります。

「十二支」の季節では、「丑」は「冬」。「寅」は「春」。

 

 

「冬」は「水」の五行を宿していて、「春」は「木」の五行が宿っています。

 

 

来年から、「寅」→「卯」→「辰」の「春」のグループが巡ります。

少しずつ、冷たさが緩んでいき、暖かく動いていける巡りとなるのです。

 

 

季節が変わる時、行きつ戻りつしながら、新しい季節に馴染んでいきます。

しかし、「命式」によっては、「いきなり春」がやってくる場合があるんです。

それどころか、「春」を通り越して、「急に夏」になる場合もあります。

 

 

この場合は、節分明けから急激に変わる「準備」をしていると、「急展開」の扉を自分で開ける事ができますね。

 

 

 

まずは、「いきなり春」のタイプは

「命式」の「地支」に「卯・辰」を持っている場合。

この場合は、「寅」がやってくることで、「寅・卯・辰」の「春グループ」が勢揃いすることになります。

この勢揃いの状況を「東方合」と言い、「木」が強められます。

 

また、3つ勢揃いしなくても、「卯」だけ持っているタイプと、「辰」だけ持っているタイプでも、「東方合」ほど強くはないですが、「木」が強められると考えます。

これを、「東半方合」と言います。

 

特に、「卯」のタイプは、「東方合」に匹敵するくらい強くなると考えられています。

 

 

「春」は芽吹き、成長していく季節です。

なので、このタイプの人は、節分が明けると、いきなり新しいことに挑戦したくなったり、新しいご縁に出会うチャンスに恵まれる可能性が高くなります。

 

気持ちもウキウキしてくるかもしれませんね。

 

なので、今の内に、「心の準備」をしておきましょうね。

 

 

 

次は、「いきなり夏」タイプです。

 

二つのタイプがあります。

まず最初に、命式に「午・戌」を持っている場合。

「寅・午・戌」が集まると、「午」を中心とした「三角形」ができます。

そこで、中心となる「午」が強められて「火」の勢いが増すと考えます。

「火」は「夏」です。

なので、「いきなり夏」になります。

これを、「三合火局」と言います。

「寅・午」だけでも、「火」が強められると考えますが、「三合火局」ほどにはなりません。また、「命式」の他の十二支からの影響もあるために、必ず「火」が強くなるとは限りません。

 

 

それから、もう一つのタイプは、命式に「巳・戌」を持っている場合。

ただし、「いきなり夏」になるには、以下の条件のどちらかを満たしていなくてはいけません。

・月干支が「巳」であること

・天干に「丙」または「丁」があること

月干支が「巳」になる人とは、5月5または6日から〜6月4または5日までに生まれた人です。正確な区切りの日は、その年によって違います。

 

この組み合わせは、「巳」を中心とした「三角形」ができます。

「午」ほど、綺麗な「三角形」にはなりません。なので、「午」の場合よりは、若干夏感が弱いです。

 

これを、「疑似三合火局」と言います。

 

 

このタイプの人は、節分が明けると、突然、情熱が燃え上がります。

エネルギッシュになります。

 

なので、今の内に、「準備体操」をして、いつでも走り出せるようにしておきましょうね。

 

 

これらのタイプでないとしても、「期間限定」で「いきなりグループ」に仲間入りする場合があります。

 

それは、「大運」の十二支に「卯」または「午」が巡っている場合です。

 

「大運」は個人の運気の「6割」を占めるほど、大きな影響を与えると考えられています。「大運」の巡りは「10年」ごとに巡っています。

このことから考えても、「期間限定」も、しっかりとおさえておきたいですね。

 

 

「いきなりグループ」に入っていないからといって、残念に思わないでくださいね。

「冬の3年間」から「春の3年間」に皆んな同じです。

 

 

「木・春」は「陽」

そろそろ冬眠がら目覚めて、気が動き始めます。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。