読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

なぜ「空亡」は悪いと言われているのか:「子丑空亡」さん、もうすぐ「空亡」が終わりますね!お疲れ様でした。

ブログ

 

運気は「2年」がワンセットです。

2020年から巡っていた「金」が、来年2022年には「水」に移ります。

個人的にも風当たりが変わります。

なので、そろそろ「一歩前進」「次へ」と、すでに気持ちが動き始めている方もおられるでしょうね。

 

 

「2年」毎に切り替わっていくのは、五行だけではありません。

「殺界」も切り替わります。

 

 

「殺界」は、なんとも怖い文字で表されるので、イメージが悪いですね。

また、実際に、「殺界だからツイていないことばかり・・・」と思っている方も。

 

「殺界」とは、別名「空亡」とも言われています。

「空」が「亡くなる」とは、

天の味方がなくなってしまう・・・・・

こんなふうにも考えられているのです。

 

ただし、悪いのかというと

そうかもしれないし、そうでもないかもしれない。

 

結局どっち?って言いたくなりますね。

 

 

まずは、「空亡」とはどういうことなのかを説明しますね。

 

暦は、10個の「十干」と、12個の「十二支」が組み合わさって構成されています。

 

「十干」は

甲→乙→丙→丁→戊→己→庚→辛→壬→癸→・・・・・

「十二支」は

子→丑→寅→卯→辰→巳→午→未→申→酉→戌→亥→・・・・

 

それぞれ、この順番で進みます。

 

それを一つずつ、順番に合わせていくと

「甲・子」「乙・丑」「丙・寅」「丁・卯」「戊・辰」「己・巳」「庚・午」「辛・未」「壬・申」「癸・酉」

ここまでくると、「十干」は駒がなくなります。

なので、「十二支」は二つ余ってしまいます。

「戌」「亥」の二つ余りがでます。

 

そうすると、次からは

「甲・戌」「乙・亥」「丙・子」・・・・・「癸・未」

またまた、「十二支」が余ります。

「申」「酉」が余ります。

 

 

このように、「10個」のグループは、二つの「十二支」を持たない仲間となります。

 

 

「十二支」は、見えない気を表すと考えます。

例えば、「時」「方角」「季節」など。

持っていない「十二支」については、「空」となります。

 

 

 

では、持っていないと、なぜ「悪い」と言われてしまうのでしょうか。

 

それは、不足部分があると、「中庸」ではいられないからです。

全てはバランスを取ろうとしています。

満たして安定しようと動きます。

欠けている「十二支」は、「空」なので、そこは歪になっていることになります。

不自然に欠けていると、それを補おうとして不安定となってしまいます。

反対側の「十二支」は、頑張るのです。なので、力が強くなります。

よって、反対側の世界に引き寄せられていくと考えます。

 

 

例えるならば、「空亡」はブラックホール。

ブラックホールに飲み込まれてしまわないように、宇宙船は、エンジ全開で抵抗します。最大限の出力で、飲み込まれずに飛行しようと頑張ります。

 

また、運動会で綱引きをしていると、相手が強く引っ張ってくると、負けじとこちら側も力が入ります。全身全霊で、綱を握りしめて、チーム一丸となって、引っ張り返します。

 

「反対側の十二支」が頑張るとは、こんな感じです。

 

 

なので、同じ「空亡」である干支は、頑張りポイントが同じです。

なので「同一空亡」同士では、引きつけ合うために、「縁が深い」関係になりやすいと言えます。(友人・恋人・仕事での人間関係など)

 

 

また、「空亡」のタイプによって、特徴があります。

それが、個性となって、「強み」にも「弱み」にもなります。 

 

占いで、皆さんが気にされる「殺界の年」とは、「日柱干支」が持っていない「十二支」が巡ってくる年回りの時期です。

 

 

 

 

2020年と2021年の2年間は「子」「丑」を持っていないグループが「空

亡」でした。

 

 

日柱干支が

「51甲寅」・「52乙卯」・「53丙辰」・「54丁巳」・「55戊午」

「56己未」・「57庚申」・「58辛酉」・「59壬戌」・「60癸亥」

 

これらの皆さんは、もうすぐ「空亡」が開けますね!

節分まで、もうすぐ。

お疲れ様でした!

 

 

 

「子丑」は「北方」の十二支です。

「北方」は、冷えて固まっていく雰囲気です。しっかりと固定しようとします。

物事をまとめ上げて、基盤を固め、頑丈にしていきます。

また、「目上の人」の象意でもあります。

 

反対側の「南方」は、熱く燃えていて、伸びやかに成長していく雰囲気です。

どんどんと、突き進む象意です。

 

「子」「丑」を持たないグループは、「北方」が欠けて「南方」に引っ張られています。

 

 

なので、このグループは、改革者です。

現状を打破し新しい道を作るバイタリティーにあふれています。

そのために敵を作ってしまいますが、敵と果敢に戦おうとします。

人の意見を聞くよりも、自分の身体で体感したい。

失敗しても、熱い情熱で、その失敗を成功へと導いていく。

そんな、とても強い人が多いです。

 

 

独立独歩で、初代運があり、新しい時代を作る人。 

楽天的であり、目下からの応援を受ける。

それから、大器晩成型。

 

 

 

それが「日常」だったのに、「子」と「丑」が相次いで巡ってきて

調子が狂ってしまった・・・・

 

綱引きの相手が、突然綱を手放した。それで、思わず尻餅をついた。。。。

いつもと同じ力量では、ちょっと強過ぎてしまい、拍子抜けしてしまいます。

 

 

 

やってもやっても、達成感を感じないどころか、どこか虚しさを感じてしまったかもしれません。

やればやるほど、周囲の人たちに響いていなかったり、理解してもらえなかったかもしれません。

 

「強み」である「頑張り」が、「弱み」として現れやすい年回りでしたから。

 

 

でも、いつもは全部一人で抱えていた事を、頼りになる「先輩」が肩代わりしてくれたり、大変だと思っていたことが、ラッキーな巡り合わせで助けられてできたとか、そんな年回りでもありましたね。

いつもだったら、助けてもらうのに、ちょっと罪悪感を感じてしまっていたけど、なぜか素直におまかせできたかもしれません。

 

「いつもと違う」を体感できる。

これが「空亡」の「景色」です。

 

節分明けから、「日常」に戻ります。

また、ガツガツ情熱いっぱいの日々が戻ってきます。

今のうちに、しっかりと体を整えて備えておきましょうね!

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。