読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「子丑空亡さん」お疲れ様でした。「通常運転」に戻る前に、ここだけは気をつけて!

ブログ

最近、立て続けに「子丑空亡の人」に会う機会があって

思わず、「通常運転再開ですね!」と声をかけてしまいました。

 

「空亡」だから運気が悪い訳では決してないのですが、やはり心情的には「いつも空亡が心をとらえて離さない」気持ちになる人が多いように思います。

だから、めでたく明けた年は、せっかくなので、思いっきり解放感に浸っちゃってください。^ ^

 

 

 

「子丑空亡の人」とは、日柱の干支番号が51番から60番までの人です。

 

具体的に言うと

51番・甲寅

52番・乙卯

53番・丙辰

54番・丁巳

55番・戊午

56番・己未

57番・庚申

58番・辛酉

59番・壬戌

60番・癸亥

 

以上の人が該当します。

 

 

 

そもそも「空亡」とは?何かと言うと

10個の十干支と、12個の十二支を一つずつくっ付けて「干支」が成立します。

それぞれ順番に組み合わせた場合、「2つ」の十二支が余ってしまいます。

その余った十二支を「空亡」とします。

 

十二支は、形のない雰囲気を表しています。

季節や時や時間などがこれに当たります。これらを「天の気」をして考えて、「天が味方をしない」と解釈をします。

また、命式では地支に当たる十二支は、「内面の自分」として考えます。

なので、「空亡」の十二支が巡ると、「心ここにあらず」の状態になると解釈をします。

 

 

 

「天が味方しない」とか、「心ここにあらず」って言われても、ちょっとイメージし難いかもしれないですね。

なので、もう少し詳しく説明してみたいと思います。

 

先ほども書いたように、十二支は「形のない雰囲気」を表しています。

これは、自分を中心として考えてみると、「自分を取り巻いている気」であるとも言えます。自分を中心とした「四方八方の世界」です。

 

「子丑」の世界は「北方の世界」です。

「北」は冷たく固まっていく雰囲気が特徴です。

冷たくなる、とは、冷静に判断する叡智にあふれた世界。

固まっていく、とは、ずっと変わらずに固定化していく世界。

 

このことから、「北方の世界」は、「目上の人」「学問」なども表すと考えます。

 

「子丑空亡の人」は、この部分を持っていない、つまり、「欠け」ていると考えるのです。

 

 

 

全ては「中庸」を目指して揺らいでいると、東洋思想では考えます。常にバランスを取ろうと揺れているのです。

 

「北方の世界」に「欠け」があると、反対側の「南方の世界」はバランスが崩れてしまうのを防ごうと、力強く踏ん張ります。「北方」に引きずられていかないように、反対側に重心を傾けていきます。

 

 

「南方の世界」は、暖かく伸びやかに、広がっていく世界です。

まるで「夢」が果てしなく広がるように。「夢」に向かって手を伸ばすように。可能性を広げていく世界です。

 

このことから、「南方の世界」は「目下の人」「夢」などを表すと考えます。

 

 

「南方の世界」が強められると、新しい「時代」を切り開いていこうとするスピリットが生まれます。開拓をして、道を切り開く。時間がかかっても、諦めずに道を作っていく。

 

なので、「子丑空亡の人」の特徴は、初代運があり、目標高く、突き進む人。若い時はなかなか上手くいかなくても、晩年に夢を叶える人。独立独歩で歩む人。これは、男性でも女性でもです。

 

 

だから、「人の言う通り」にはしたくない人。

何でも、自分で決めて、自分で実行する。

それが、「通常運転」です。

 

 

 

そんな感じで「爆走」していた「子丑空亡の人」にとって、一昨年と昨年は

「なんだか横槍が入って、足を引っ張られてしまった」出来事や、「頭から抑え込まれた」感覚を味わった人も多かったかもしれませんね。

せっかく熱く燃えていたのに、冷や水たっぷりの「気」に取り囲まれてしまったから。

 

 

でも、それは、もしかしたら、一人で持つにはあまりにも「重たい荷物」だった可能性大ですよ。

なので、晴れて空亡が明けたからと言って、「同じ方法」を繰り返さない方が得策ですね!

 

 

 

今年は、勢いある「水」の気の運が巡っています。

「爆走」傾向の「子丑空亡の人」は、ついやり過ぎてしまう傾向が出てしまいそうなので・・・・・

ちょっとだけ気を付けるポイントをお伝えしますね。

 

「51番・甲寅」と「52番・乙卯」の人は、優先順位をしっかりと決めて。

「53番・丙辰」と「54番・丁巳」の人は、耳の痛い意見は「天の声」ですよ。

「55番・戊午」と「56番・己未」の人は、感情だけで突っ走らないこと。

「57番・庚申」と「58番・辛酉」の人は、余計な一言に要注意。

「59番・壬戌」と「60番・癸亥」の人は、あれこれ考えない。

 

 

 

良かったら参考にしてくださいね。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。