読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「運」の正体は「流れ」:「流れ」の特徴を理解して「運」と一体化しよう:「生」「旺」「墓」

ブログ

東洋思想は、全てを「流れ」として考えます。

つまり、現象や時、空間は全て移ろっていくと捉えているのです。

よって、基本的には動くことは「吉」であり止まることは「凶」だと解釈をします。

また、「個人」は大いなる「流れ」の一部分であると考えます。

つまり、「個」は単体で存在していくのは不可能であり、常に「流れ」に翻弄されて動かされていくということになります。「人は一人では生きていけない」と言われるのも頷けますね。

 

「個」は「グループ」(系)の一員として存在しています。

「グループ」に適応した「個」は居心地が良く、「グループ」からの恩恵を授かることが可能です。適応できない場合は、居心地が悪いだけでなく、「グループ」からの圧力(攻撃)を受けることになります。よって「凶」として「個」は認識をします。

いかに「グループ」の一員として、最適な「立ち位置」を確保するかが、重要であるとされているのです。

 

とりあえずは「流れ」にのる。

のっていて「楽」であるかどうか。

「楽」であれば、適している。

「楽」でなければ場所を移動してみる。

「流れ」は変化していく。

「楽」にのり続けるためには、その「流れ」と同じように変化していく必要がある。

そのために変化の「状況」を知り、変化の「兆し」を感じ取る。

これが、スムーズに行えていたら、「運が良い」状態であるといえますね。

 

 

「流れ」には3つの「状況」があると言われています。

 

①生

 起点 始まり 原因 はしり

 水の流れが向かってくる(来水)

 勢いがある これから上昇していく

 

②旺

 最も勢いが盛ん 極まっている 流れそのもの

 プロセス さかり 頂点

 これから下降に転じていく 向かう方向が変わる

 

③墓 

 終点 到着地点 ルーツ なごり 

 水が外に向かって流れ去る(去水)

 結果が出る 集結する 安定 停滞 

 動きを止める

 

この3つの流れがスムーズであるのが「吉」となります。

つまり、「人」を「旺」として考えた場合、やってくる流れを受け「生・来水・天」、「旺・人」を介して、外に流していく、次に渡していく「墓・去水・地」のが良いとされています。

 

3つの「流れ」は単体で存在しているのではなく、全て同時に存在していると考えます。

よって、「生」の中に「墓」の象徴があり、「墓」の中には「旺」の象徴があります。

 

「始まり」の中には、「終わり」の兆しが含まれていて、「終わり」の中には「頂点」の意味を感じることができる。

 

 

つまり、今の「問いかけ」の中には、「答え」の象徴があるのです。

 

 

「占い」とは、「流れ」を観ていくことで、「問いかけ」の「答え」や「意味」を見つけていく作業だと言えますね。

 

 

そのことから考えてみると、「占い」をうまく活用して、「答え」や「意味」を引き出すためには、「問いかけ」が重要であることがわかると思います。

 

 

たいては、皆さん「自分」のことを占いますねよ。

ということは、まず第一条件としては、「流れ」にのっているか、もしくは、「流れ」にのる決意がなくては、せっかく出た「答え」も意味はないことになります。

具体的に、「流れ」にのるとは、「問いかけ」が「自分の問題」であること、そして、「自分の意志で考えた問い」であることの二つが重要です。

 

もう少し詳しく考えてみると、例えば「仕事について」の質問だったとすると

「仕事に対しての意欲があり、もっと出来ることを増やしていきたい」など、「自分の仕事」として取り組んでいる場合は、今後発展しそうな「流れ」がやってくる場合は、「どんどん外に売り込んで行くと吉」となるし、「流れ」が停滞する場合には、「売り込める自分になるために、もう一度資料を見直してみるのが吉」となります。

 

でも、「同僚が仕事してくれなくて・・・なんとか仕事してくれるようにするにはどうしたら良い?」と悩んでいる場合は、残念ながら、それは自分の問題ではなく同僚の問題。そして、もっと残念なことに、その件について、もしかしたら、同僚は、ちっとも問題だとは思っていないかもしれません。

このような状況で占っても、たいては、「モヤッと」したカードが並ぶので、こちらととしても「なんだかな・・・・どうしようかな・・・・」となるんです。苦笑

 

 

 

では、どんな「問い」が良いのかというと

まずは、先ほど書いた様に「自分」の問題であることは当然なのですが、その「問い」に対して、具体的に行動を起こす準備が整っていることが大事です。

 

 

準備は万端である必要はありません。

というか、万端な準備はないから。

「やりたい」という決意はもちろんですが、それによって「失う」ことも含めて、全て受け入れる「覚悟」を持っているかどうか。

「覚悟」があればバッチリですね!

 

 

なぜ「失う」必要があるのかというと、物事の最初の「生」は、水が向こうから自分に向かって流れてくる「景色」です。

流れ来る水を、一身に受け止め、その水を取り入れることで、水の勢いとともに上昇していきます。

つまり、取り入れる「隙間」があることがポイント。

隙間なくビッシリと詰まっていては、どんなに勢いのある水の流れがやってきたとしても、スルーしてしまうのです。

それどころか、水流に翻弄されるだけで、何も「得るものがない」かもしれません。

 

 

 

始める前から「結果」は気にしない。

それは、「生」をそこそこに「旺」を飛び越え、いきなり「墓」にジャンプすること。

難易度が高すぎる・・・・・・

 

 

あなたが、あなたの「質問」をしたということは、あなたの「答え」がもうすでにある、待っていてくれている。

だから、まずは「最初の一歩」を踏み出しましょう!

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。