読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

なぜ「自分の機嫌を自分でとる人」は運が良いと言われているのか:「運気」の陰陽のバランスの取り方

ブログ

「運気を調整する」

とよく言いますが・・・・

実際には、何をどんなふうにしているのか分かりにくですよね。

 

 

 

「調整」とは、「バランスをとる」ことだと考えると良いと思います。

多すぎるものは少なくすることで、風通しを良くする。

少なすぎる場合には、補うことで充実させていく。

このような感じです。

 

そこで基本となるのが「陽」と「陰」

この二つの「熱量」と「質量」が、良い感じに相殺していると、バランスが取れている状態だと考えます。

 

「陽」に偏りすぎる場合には、「陽」によって不具合が生じやすなります。

これには、単純に「陽」が大きすぎる場合と、「陰」が不足することにより、相対的に「陽」が際立つ場合の二つのパターンがあります。

 

「陰」に偏りすぎる場合には、「陰」によって不具合が生じやすくなります。

これにも、先ほどと同じように、「陰」が大きすぎる場合と、「陽」が不足することにより、相対的に「陰」が際立つ二つのパターンがあります。

 

 

なので、全部で4つ。

ということは、4つの調整方法があることになります。

 

 

 

それでは、4つの調整方法について書いていきますね。

 

まずは、陽に傾いている場合から。

 

①陽気が過剰となっている場合

 中医学的には、「実熱」の状態です。

この時、どのような現象や行動が起こるかというと

 動きたくて少しでも遮られるとイライラしてしまう

 言いたい事をつい言いすぎてしまう

 反対されても強引に推し進めていく

熱い情熱でガツガツしすぎる感じですね。

 

調整方法としては、なんといっても、過剰な陽を抑えていく(瀉法)必要があります。

過剰な熱を外に発散させて冷やしていくのです。

 これを五行に置き換えてみると

 抑えたい五行の相剋関係にある五行を用いる

 抑えたい五行の食傷関係にある五行を用いる

実践では

  優先順位を考えてみる

  スケジュールに「間」を入れる

  冷静になって考える時間を持つ

  休む

 

②陰気が不足しているために、陽が強められている場合

同じく「陽」に傾いてはいるけど、さほど「陽」は強くはありません。

つなり、「虚熱」の状態です。

このような状態になると

 動いているが気持ちがついていかなくなっている

 空回りしている 気持ちばかり焦ってしまう

 地に足がついていない

このような感じになってしまいます。

「中身」がともなっていないので、心が虚になってしまいますね。

 

調整方法としては、まずは、不足している陰気を補って、陽と対等なパワーバランスにしていきます。(補法)

そして、気そのものを補っていきます。(気は陽なので)

 

五行に置き換えてみると

  不足している五行そのものを補う

  不足している五行の印星を補う

 

実践では

 自分の感情に向き合ってみる

 本心から望んでいることは何かを再確認する

 睡眠の質を高める

不足した「陰」を補う特効薬は、「睡眠」なんですよ!

 

 

 

 

 

 

それでは、次に、陰に傾いている場合ついてです。

③陰気が過剰となっている場合です。

 「実寒」の状態です。芯から冷え切って固まって、重たくなった感じですね。

 

このような状態になると

気分が塞ぎ込んでやる気が出ない

不安感が強すぎて行動を起こせない

ネガティブなことばかり考えてしまう(考えすぎる)

こんな感じになってしまいます。

心も体も重くて・・・動けない。

 

調整方法としては、補気と補陽をします。(補法)

「陰」はどんどん内側に向かって浸透していく特徴を持っています。なので、「底上げ」をしてあげなければいけません。

なので、熱い「陽」をたっぷりと補い、ジェット気流に乗せていく感じですね。

 

五行に置き換えてみると

抑えたい五行の食傷関係にある五行を用いる。こうすると、溜まって重たくなった物を吐き出してくれるので、日主は、重さから解放されていきます。

凝り固まった頭を、マッサージすることで、血行とリンパの流れを促進し、「老廃物」を流してあげることで、頭がスッキリと軽くなる感じですね。

 

実践では

ゆっくりとお風呂に入る

ストレッチなど体を動かして汗をかく

日光浴をする

 まさに、血行をリンパの流れを促進してあげると良いんですね。

 

④最後に、陽気が不足しているために、結果として、陰に偏る場合です。

これは、「虚陰」の状態です。

このような場合には、

人混みの中にいると疲労感を強く感じてしまう

人の気持ちを考えすぎて自分の意見が言えない

眠りが浅い

こんな感じになってしまいます。

「陽」は外からの攻撃を、跳ね返してくれる特徴があります。なので、それが不足すると、攻撃をまともに喰らってしまうのです。

調整方法としては、補気補陽をします。(補法)

温裏散寒法(内を温める・脾胃を温める)

芯から温めていくのです。

 

五行に置き換えてみると

 不足している五行そのものを補う

 不足している五行の印星を補う

 

実践では

温かい飲み物を、ゆっくりと時間をかけて飲む

筋トレをする

寝室の環境を整える

「陰」を抑えるには、内側から「陽」が湧き出るイメージで調整をしていきます。

なので、「表面」だけ取り繕ってもだめなんですよ。

 

 

 

原則として

「熱するものには寒を、寒するものには熱を」

 

 

個人の「命式」の場合は

・十干のみが偏って強められている時は、相剋関係の五行を用いる

・十二支のみが偏って強められている時は、食傷関係の五行を用いる

 

 

このようにて陰陽のバランスをとり、「運気の調整」をしていきます。

 

そして、忘れてはいけないのは、「運気は動いている」こと。

なので、一度やったらそれで終わり、ではなくて、いつも心がけておく必要があるんです。

「自分の機嫌は自分で取れる人」は、運が良いと言われているのも、頷けますね。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。