読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「十二支」を多方面から観察して理解しよう:「申」を感じてみる

ブログ

命式は二階建て構造のようになっています。

上の部分は「天干」と言い、十干支が担当です。

下の部分は「地支」と言い、十二支が担当です。

 

「天干」は表面の「景色」です。表面に表れる象意です。なので、可視化できます。

例えば、「行動する」「拡散する」「縮小する」など。

言葉で説明しやすく、よって、他者と共有することが可能です。

 

一方「地支」とは、水面下・内側を表す場所です。

行動を引き起こすきっかけや、原動力となる「景色」を表しています。それは目視することができない部分であり、複雑で流動的でもあります。そのため、明確に捉えることは難しいです。特に「他人」の「地支」は、想像するしかないために、自分の思い込みで解釈をしてしまうと、命式の解釈が「ズレて」しまう可能性があります。

 

 

植物で例えるならば、「天干」は枝や葉、花、実、そして「地支」は地下に伸びる根っこです。

なので、実際に全てを観察することは難しいですよね。

その場合は、一つの方向からだけでなく、多方面から観察していくことが必要になります。

 

 

では、次の4つの方向から観察してみましょうね。

1)十二支の性質を植物(生命)の成長に例えて理解してみる

2)十二支を陰陽に分類して観察してみる

3)勢いで観察してみる

4)気の生旺墓で観察してみる

 

 

1)十二支の性質を植物(生命)の成長に例えて観察してみる

 

これを観察すると、十二支それぞれの「状況」と、全体の流れの中の「位置」を知ることができます。

「子」・・種の中で新しい生命が芽生える。

「丑」・・種の中から芽が出るが、十分伸び切っていない。紐が絡まっている。

「寅」・・演る(のべる) おしひろめる。万物が発生していく。

「卯」・・双葉が出る。

「辰」・・激しく変化していく。地震のように大地(基盤)が震える。

「巳」・・変化する(辰ほど強力ではない)。脱皮する。変化は終わりに向かう。

「午」・・繁栄の極限。頂点。これから下り坂となる。

「未」・・これから実を結んでいく。味わう。成熟して滋味をおびる。

「申」・・呻く。締め付けられ固まっていく。外向きの成長は終わり。

「酉」・・熟成し食べられるようになる。醸し出す。

「戌」・・滅ぶ。枯れていく。守る。種の保存。

「亥」・・閉す。閉蔵。次のうごめきの兆しがある頃。

 

「子」で芽生えた命が伸びやかに拡散していき「午」で極まります。

「未」から熟成に向かい縮小が始まり「亥」で閉じます。

つまり、「子」から「午」までは、発展していく状況であることがわかります。

そして、「午」寄りなほどに、「頂点」に近いと言えます。

「未」から「亥」までは、その反対で、縮小していく状況であることがわかります。

そして、「亥」に近いほどに、小さく固まって隠れていくと言えますね。

 

 

 

2)十二支を陰陽に分類して観察してみる

 

陰陽の分類

陽支

陰支

 

「陽支」は外向きに巡り、外側にあるもの(他人・環境)に影響を与えていきます。

「陰支」は内向きに巡り、内側にあるもの(自分・組織の根幹)に影響を与えていきます。

 

命式で考えると、「寅・辰・午・申・戌・子」は、自分の影響が他者に広がっていく流れがあると考えられます。つまり、「影響力が強い人」となります。強すぎると「攻撃的」となってしまう傾向があります。

「卯・巳・未・酉・亥・丑」は、外側から影響を受けるので感受性が豊かです。環境に応じて、自分の立ち位置を作り上げます。強すぎると「依存的」な傾向が出ます。

 

 

 

 

3)勢いで観察してみる

生支(せいし)

旺支(おうし)

墓支(ぼし)

 

勢いを知ると、気の流れる方向や圧がわかります。

 

「生支」は、勢いが生じ極まっていきます。広がる方向へ向かい、そして圧は強いです。

「旺支」は、生じた勢いが極まり、これから翳りに向かいます。頂点なので広がりません。やがて下がっていきます。なので、少しの刺激で容易に動かされてしまいます。とても不安定です。圧は強いように思われますが、パンパンに空気が入った風船のような感じです。なので壊れやすいです。

「墓支」は、閉蔵し生じる時期が来るのを待っています。下降の極みです。ずっしりと重たく動きません。安定感があります。環境からの影響を受けない強さがあります。外側の変化はありませんが、内側では「次の準備」が始まっています。

 

 

「寅・巳・申・亥」は、それぞれの五行の特徴が表面に顕になっていきます。十二支は季節も表しているので、これらの十二支は、それそれの季節が始まった頃となります。

「卯・午・酉・子」は、それぞれの季節の真っ只中です。

「辰・未・戌・丑」は、それぞれの季節の終わりで、変わり目です。

 

 

 

4)気の旺墓で観察してみる

 

生支・兆し

旺支・盛り

墓支・終焉

三合水局

水気の巡り・冷ややかさ

三合木局

木気の巡り・伸びやかさ

三合火局

火気の巡り・温かさ

三合金局

金気の巡り・強固さ

 

これを知ることで、気の「働き」がわかります。

 

「申・子・辰」は「冷ややか」にする働きの気です。

「申」で始まり、そして「子」で極まり「辰」で終わります。

 

「亥・卯・未」は「伸ばしていく」働きをする気です。

「亥」で始まり、そして「卯」で極まり「未」で終わります。

 

「寅・午・戌」は「温める」働きをする気です。

「寅」で始まり、そして「午」で極まり「戌」で終わります。

 

「巳・酉・丑」は「固める」働きをする気です。

「巳」で始まり、そして「酉」で極まり「丑」で終わります。

 

 

 

それでは、以上のことを考えながら、今巡っている「申」について考えてみましょうね。

 

「申」は、花の盛りが終わって、果実が実り、栄養が実に集中していきます。

「申」は、外側に向かって影響を与えいきます。

「申」は、勢いが強いです。突破する力があります。

「申」は、冷たさが生じ、その冷たさの圧が強くなっていきます。

 

 

では、今月は、どのように感じる傾向が出るのでしょうか。

 

冷静になってくるけど、人の言う事はあまり聞きたくなくなる。

自分の気持ちに素直になって、気持ちのまま行動したくなる。

やりたくない事が、本当に嫌になって「やめてしまいたい・・・」と愚痴る。

やりたい事が見つかって、やろうと気持ちが固まる。

違う意見を論破したくなる、または、論破する。

余計な一言をつい言ってしまうかも。

 

こんな感じかもしれないですね!

 

自分の感情を感じながら、「申」について考えてみてくださいね^ ^

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。