読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「ファルコン」がついているから大丈夫!:十二支「辰」の景色:上昇気流に乗るために必要なこと

ブログ

十二支の中で、唯一、実在しない動物があります。

それは「辰」です。

 

「辰」は、春から夏に変わる頃に巡る十二支です。

月では4月。

暦では「寅・卯・辰」が「春」

五行では「木気」です。

 

地面の中から芽が顔を出し、どんどんと大きく伸びていく様です。

なので、この3つの十二支は、発展していくシンボルでもあります。

 

「春」の最後にやってくる「辰」は、「震」「雷」の意味もあります。

 

地が震えて、たくさんの芽が一斉に発芽をします。

その様子は、まるで、大地がひび割れて揺れ動くかのようだと考えるのです。

目覚めた「種」は、緑の枝葉を伸ばしていき、やがて大地は緑で覆い尽くされていきます。

 

それは、「今までの」凍えた大地とは、様子が全く異なります。

閉ざされた大地は、動き出し、解放されていきます。

 

「辰」が巡る時期には、今までの常識では追いつかないような、劇的な改革を起こすには適している時期だとも言えますね。

 

 

また、天でも大きな動きがあります。

「辰」は「雷」でもあるからです。

力強い雷鳴が響き渡り、稲妻が光ります。

誰も、雷の動きをコントロールすることや、制御することは不可能です。

地だけでなく、天も震えます。世の中全体が振動し、激しく動きます。

まさに「激動」ですね。

 

 

「辰」は「竜・龍」でもあります。

 

最初に書いたように、「竜・龍」は十二支に中で唯一の架空の生物です。

しかし、中国では「滅多にお目にかかれないけれども確かに実在している」と考えられていました。

なので、「お目にかかる」ことはとても有り難いことであると同時に、非常に畏れられていました。

 

また、「竜・龍」は、天を自在に飛び回ることが可能です。

何の影響も受けずに天を駆け巡ります。それはとてもパワフルな力を持っています。

上昇気流にのって、と言うよりも、「竜・龍」そのものが上昇気流ですね。

 

 

株式相場の格言に「辰巳天井、午尻下がり、未は辛抱、申酉騒ぐ、戌笑い、亥固まる、子は繁盛、丑つまずき、寅千里を走り、卯跳ねる」とあります。

「辰」年と「巳」年は、株価が天井をつける傾向があると言われています。

その他にも

「戌亥で仕込み、辰巳で売る」「戌亥買いの辰巳売り」

「戌亥の借金、辰巳で返す」

などがあります。

 

本当に、株価の動きがそのようになるのかは、わかりませんが・・・・

「辰」の上昇気流に肖りたいですね。

 

 

「辰」は「陽支」です。

だから、周囲の状況に振り回されず、天高くどんどんが昇っていけそうな予感。

ワクワクします!

 

「辰」は「三合水局」の「墓支」です。

「三合会局」とは、「水」の巡りです。

 

「水」の始まりは「申」

「水」の極みは「子」

そして、「水」の終わりが「辰」です。

 

 

「水」は冷ややかさの象意ですが、低い方に向かって落ちていく特徴もあります。

 

「申」で低きに向かう流れが生じ

「子」で奈落の底に落ちる。

そして「辰」はその流れが終わりを迎え、上昇の兆しの兆しが現れる。

転落の終わりであり、上昇の始まりです。

潤下するサイクルが終わりを迎え、これから上昇に転じていくのです。

 

 

十二支は、形のない気の景色を表しています。

それは人の感情も。

 

奈落の底に突き落とされるほど落ち込んでしまっても、「子」の次に「辰」がやってきて、天高く昇る気流に乗せてくれようと手を差し伸べてきます。

「雷」のように「こんなのは嫌だ!!!!」と叫んだり

地面全体が揺れて壊れるかのように、「やってやれない!!!」と勢いよくちゃぶ台返しをすると

それは、まさに、「辰」の景色に変化する合図。

「木気」の感情である「怒り」を発揮できた瞬間でもありますね。

 

 

勇気を出して

龍に乗って

飛んで行きましょう^ ^

 

 

「辰」って、映画『ネバーエンディングストーリー』に出てくるファルコンみたいかもって思ってます。

Never give up and good luck will find you.(ファルコンのセリフより)

 

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。