読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「成功者」は「東方世界」を旅する人:十二支から考える気運の巡り

ブログ

暦は、60個の干支が進む過程が記されています。

干支は、10個の十干と12個の十二支が組み合わさってできたものです。

十干は上に、十二支は下に位置しています。

十干は「表面・見える」の景色を、十二支は「内面・見えない」の景色を示していると考えられているため、そのように配置されているのかもしれませんね。

 

 

見えない景色を表す十二支は、「空間」も表しています。

 

 

「戌」と「亥」は中央世界

「申」と「酉」は西方世界

「午」と「未」は南方世界

「辰」と「巳」は天頂世界

「寅」と「卯」は東方世界

「子」と「丑」は北方世界

 

二つがセットになり、各方向の世界の雰囲気を作り上げています。

 

 

 

「戌」と「亥」が作り上げている中央世界は、現実的な世界です。

維持して受け継いて行こうとする方向に気が凝縮していきます。

しっかりとした理論のもとに、考えを固めていきます。

ただし、優柔不断ではありません。

自分が納得をした場合には、反対を跳ね除けて行動する強さがあります。

目標達成を目指して、気が働いていきます。

なので、とてもたくましい。

世間体より自分の勝敗にこだわるため、「孤高の人」となる。

 

 

 

「申」と「酉」が作り上げている西方世界は、自分の感情の安定をもたらしてくれる「財」を得ていく世界です。

そのため、出来事を、自分事として物事を捉える傾向があります。

なので、自分の不利になる様な、曲がったことや納得できないことは受け入れません。

頑固に自分の信念を貫こうとします。

自分の居心地の良い「居場所」も守ろうとします。

なので、家庭思い、身近な人を大切にします。

組織の中においても、「役に立つ」存在であろうと動きます。

なので、それを邪魔するものに対しては、排除しようと働きます。

 

 

 

「午」と「未」が作りあげている南方世界は、伸びやかに成長していく世界です。

夢や希望に溢れています。そして、夢を叶えようと改革します。

現状を打破し新しい道を作るバイタリティーにあふれている。

それを阻む敵とも、果敢に戦おうとします。

独立独歩で進みます。

新しい時代を作る先駆けとなる人が、伸びやかに活躍できる世界です。 

 

 

 

「辰」と「巳」が作り上げている天頂世界は、空想の世界です。

おとぎ話の様な、ファンタジーの世界で、どんどん膨らんでいきます。

なので、現実的なことは抜け落ちてしまいます。

ただ、それは「常識」を超える発想に溢れているとも言えます。

「常識」の本質を見抜き、「常識」を超えたアイデアが浮かんできます。

夢追い人が活躍できる世界。

精神世界とも言えます。

 

 

「寅」と「卯」が作りあげる東方世界は、周囲の人(社会)の安定を望みます。

個人的な思いよりも、社会の思いを大切に扱います。

みんなが「幸せ」でなければ意味がないのです。

社会的な発展に向けて、気が働く世界です。

社会貢献に対して、「追い風」が吹く世界でもあります。

 

 

 

「子」と「丑」が作り上げる北方世界は、冷えて固まっていく世界です。

しっかりと固定しようと、気が働きます。

「経験」と「実績」の積み重ねが「信頼」を得ます。

そして、得られた「信頼」が、「知恵」となり、物事を動かす力となります。

決して華やいだ雰囲気ではありませんが、ずっしりと安定した世界です。

動きは停滞しているかのように感じられます。

浮ついた「にわか」は、認めてはもらえません。

 

 

 

今年の十二支は「寅」、そして来年は「卯」です。

つまり、東方世界が満ちていることになりますね。

 

 

個人の「利益」ではなく、公の「利益」を「吉」とする気運が満ちています。

誰も取りこぼさないように、気運が働きかけてきます。

それは、「取り残される存在」がいることを、気付かせられる「出来事」が起こりやすいとも言えるし、話題に上りやすいとも言えます。

 

どうやったら取り残さずに動けるのか・・・・

それは、昨年までの「子・丑」で、しっかりと練られたものの中に、きっとあります。

「子・丑」を踏み台にして、「寅・卯」は発展していきます。

 

 

「皆んなが笑顔になれるといいな」

そんな思いは、きっと叶うはず。

 

 

「私さえ良ければ」は

残念ながら、気運が味方をしてくれません。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。