読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「頂点」はツラいよ:十二支「午」

ブログ

「頂上」の景色を十二支に当てはめると、「午」です。

 

「午」は、「巳」で上昇してきた勢いが、最も高くなった状態。

繁栄が極まった景色です。

頭ひとつ抜け出した感じ。

「学年1位」みたいかも。

 

ただし、十二支「午」は固定された「頂上」の一点ではありません。

気は止まらないからです。

『史記』に、「午は陰陽交わる」とあるように

相反する両極が混在しています。

二つはぶつかり合いながら、バランスを取ろうと動くので

とても不安定であり、先行き不確実でもあります。

 

学年1位を取ったら、次のテストでは順位を落としたくないから、過度なプレッシャーを感じてしまう・・・・。「きっと出来る!」という気持ちと、「できないかもしれない・・・」という気持ちが錯綜する、混沌とした心理状態になってしまうみたいな状態ですね。

 

 

「午」は、「忤らう」(さからう)の意味を持っています。

繁栄が頂点となり、それが下がっていく。

上昇と下降が相交る状態です。

 

相反する両極がぶつかり、炎上するために、とても強い勢いが生じます。

 

「繁栄」は、終わりに向かって下ろうとする流れと、終わらせたくない流れと、両方が同座しています。

ただし、終わりは始まりでもあるので、「午」が向かう方向は、「次世代」へと向いていると考えることができます。

成し遂げた「実り」を、次世代の「種」に、バトンを渡す「景色」です。

 

 

渡したバトンを、ちゃんと大事にしてくれるかはわからないし、手出しもできない。

手放す寂しさもあります。

だから葛藤が生まれ、その葛藤が炎上する。

 

 

陰陽の分類では、「午」は「陽支」です。

「午」は、外側に影響を与えていきます。

外側を動かして、変化するよう促していきます。

 

「午」は火気なので、外側を根本から変えていく強さを持っています。

生卵を茹でたら、茹で卵になるようなイメージです。

熱の影響で固まった卵(タンパク質)は、いくら冷やしても、生卵には戻りません。

そのくらい、火気の影響は、外側の深部というか、根本まで作用を及ぼすのです。

 

例えば、偉業を成し遂げた偉人の熱い情熱に触れると、「自分も世の中の役に立つ人間になりたい」と奮起してがんばるとか、乗り気でなかった案件でも、熱い情熱で説得されて、その気になったとか。

火気は、自分の「枠」を超える影響を与えてくれます。

 

また、五行生旺墓から考察しても、「午」は「三合火局」の「旺支」です。

だから、まさに「火」のサイクルの頂点。

「寅」で兆した「火」は「午」で最も高い場所に到達し、やがて「戌」に向かって、そこで終わります。

 

 

「寅」は「螾」(いん)の象意で、これは、動くことを表しています。

物事が動き始め、これから発展に向かっていく特徴があります。

このことから考えても、動かないと「寅」スイッチが入らないので「1位」にはなれない、と言えますね。

 

「寅」は2月、「午」は6月、「戌」は10月です。

節分明けに始めたら、とりあえず6月まで諦めずにやっていると、何かしらの手応えを感じ、10月にはワンランク上を目指せるようになっている、かも。

これは、火気の生旺墓のサイクルを利用した行動計画です。

参考にしてみてくださいね。

 

それでは、「1位」の「場所」はどのような感じなのか考えてみました。

 

「午」は「夏」の「旺支」です。

夏真っ盛りの頃にあたります。

太陽は最も高い位置にあり、地面を真っ直ぐ照らします。

そのために、「影」はどんどん小さくなります。

そして、「頂点」に太陽がくると、「影」はできません。

 

「影」は「陰」の象意です。

人の「影」は、「プライベートな部分」であり、「隠したいこと」であり、「秘密にしたいこと」や「ひとりの空間や楽しみ」「裏側の顔」でもあります。

真上から太陽に照らされると、「影」を持つことが許されません。

全て表舞台に引っ張り出されます。

 

起きても寝ても「舞台」の上。

しかも、スポットライトに照らされて、四六時中みんなの「目」に晒されている・・・・・。

 

なんだかキツそうですね。

 

 

では、そんな想像しただけでもキツい「午」と、良い感じに付き合っていくにはどうしたらいいでしょうか。

 

先ほどお伝えしたように、「午」は「陰陽交わる」状態だと考えられています。

真逆の二つの間で、ゆらゆらと揺れている感じです。

なので

出来ることもあれば出来ないこともある

上を目指すのも良いけど、足元も大事

のように、自ら揺れると大丈夫。

 

出来なくっても、失敗しても、出来ても成功しても、「だから何?」って

ちょっと俯瞰して捉える。出来たことや成功に囚われすぎると、頂上で動けなくなってしまう感じになってしまうので。

 

 

話が飛躍しすぎかもしれないんですが・・・・

ダイエットをすごく頑張っていて、結果もきちんと出していたけど

突然、ジャンクフードが食べたくなって、お腹いぱい食べてしまう。

これも、ある意味、舞台の上で照らされまくって、突然、舞台から飛び降りて逃げてしまった景色なのかもしれないですね。

 

 

まあ、万物「裏」も「表」もあるということで。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。