読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

来年2023年の「景色」:「壬」から「癸」へ、バトンを繋げよう

ブログ

年度末も近づいてきて

そろそろ、来年の運気が気になり始める頃ですね。 

 

2022年は「壬」が巡る一年です。

「壬」は「水」の「陽」の気です。

勢いよく流れる「大河」、または、広大な「海」のような気。

常に流れて動いていて、その流れを堰き止めることはできても、完全に止めてしまうことはできません。

 

あれやこれやと、動き出す一年。

固まっていたものが溶け出して、流れていきます。

 

勢いの強い流れは、覆い被さっていたものを洗い流して、「露呈」させていきます。

それは感情面でも同じです。

 

なので、ずっと我慢して抑えていた感情が、湧き出した方もおられるかもしれませんね。

また、足枷が外れて、あちらこちらに足を運んだ方もおられるでしょう。

 

 

今年の流れは、やがては「海」、つまり、「命の源」に向かっているので

何か始めたことがあるのなら、止まらずにマイペースに続けていってくださいね。

 

 

 

 

2023年は「癸」が巡る一年です。

 

「癸」は「水」の「陰」の気です。

 

パラパラとふる「雨」、つかみどころのない「霧」の象徴です。

全ての生き物にとっては、なくてはならない恵の水です。

ただし、「雨」も固まれば大雨となり、脅威になります。

「霧」も濃すぎると、先々の見通しが悪くなり、不安な気持ちを生みます。

「霧」が濃くなるのか、それともさほどでもないのかは、周囲の状況によって異なります。

つまり、それほど状況によって、大きく変化していく気です。

 

 

「壬」と「癸」は、同じ「水」なので、ベースとなる特徴は同じです。

「水」は、清らかで、止まることなく流れていて(動いている)、決められた形はなく、小さな隙間があれば進んでいけます。

「水」は「叡智」の気とも言われていて、「感情」ではなく「思考」が向かうべき方向を示してくれます。

 

陰陽の違いは、「陽」は外側の景色を変えようと力を発揮するのですが、「癸」の「陰」は、内側の景色に影響を与える力が働きます。

「陰」は、周囲の力を取り込んで、自らの力に変化させます。

「陽」は、外に向けてアクションを起こすので「動」のイメージが強いのですが、「陰」はどちらかというと「静」です。

水面下で蠢いている感じです。

裏工作だったり、下準備とか、根回しみたいな感じでもあります。

 

 

なので、思うように事が進まず、焦りの気持ちが強くなる方もおられるかもしれません。

でも、しっかりと根回しをすると、ほんの小さなきっかけで、大きな「変革」を起こせるはずです。

 

焦る気持ちに飲み込まれそうになったら、霧の森に迷い込んだ姿を想像してみてください。

闇雲に動けば動くほど、霧の森の奥深くに迷い込んでしまいます。

焦りは禁物。

冷静に思考する。

 

 

 

 

「癸」は、「土」に剋されることを嫌います。

雨粒が土に吸い込まれて、土中に埋もれてしまうからです。

そうなると、流れることができなくなります。

 

 

「土」は「公」

ずっと同じ場所に留まり動かない。慣例、慣習、伝統、ルーティーン、それから、現状維持。

これらを意識しすぎると、「土」は強くなって、どっしりと居座ります。

 

なので、できれば「土」をほぐして柔らかくしていきたい。

その役割は「木」が行います。

 

「木」は「伸びる」

芽が、天高く伸びていく。

好奇心、向上心、諦めない気持ち、改革精神、新しいことに挑戦する勇気。

これを意識すると、「土」の栄養が「木」に向かい、気が動きやすくなります。

なので、来年は、フレッシュな気持ちを強く持ちたいし、新しい「芽」の成長を応援したい。

 

「癸」の雨は、「芽」にとっての恵となるので、様々な事が「育ち」やすい環境だとも言えますね。

しかも、「木」気の十二支「卯」が、「癸」のパートナーとして巡るので、ちょっと楽しみ。

 

 

 

 

では、来年の雰囲気をもう少し詳しく。

 

3月「乙卯」は、どんどん伸びる時期。木気が溢れる月なので、やりたい事は、3月までに準備をしておくと良いかも。

 

5月「丁巳」は、バランスが崩れやすいので要注意。火気が巡り、水を蒸発しようと働くからです。睡眠をしっかりととって。そうすると、火気と対等に戦えますし、何かしらの結果が出やすい時期でもありますよ。

 

10月「壬戌」は、「水」の助っ人が登場するから「癸」は、パワーアップします。やる気がでたり、行動力もアップするかも。今後の方向性が定まってくる時期なので、次の年度に向けての「目標」が決まるかもしれないですね。

 

 

11月から来年1月にかけて、とても冷たい「水」が、勢いよく巡ります。

今後に向けて、今できることは、とりあえず、できるだけ、やっておきましょう。

来年の春、芽が出ます。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。