読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

命式の中で一番強い「場所」:月柱・十二支

ブログ

四柱推命では

「生まれた年の柱」

「生まれた月の柱」

「生まれた日の柱」

「生まれた時間の柱」

それらの「四つの柱」(四柱)でその人の宿命を読み解いていきます。

全ての事象に陰と陽があるように

「柱」にも陰と陽があります。

柱の陽は十干。

表に出る自分のイメージ。

行動パターンや、表現の癖などがわかります。

柱の陰は十二支。

内側の自分。水面下に潜んでいる自分。

思いや、感じ方、信念、大切にするものなどがわかります。

 

四つの柱は、それぞれの意味を持っています。

「年の柱」は、その人が持っている「世代」の気。

陽(十干)は、ご先祖様、親、目上の人、時代。

陰(十二支)は、それらから受ける影響。その時代の教育を、どのように感じていたのか(刷り込まれたか)もわかります。

「月の柱」は、その人が持っている「社会」の気。

陽(十干)は、他人から見るイメージ、第一印象

また、働き方も表します。

陰(十二支)は、社会の中で受ける影響、社会からの影響によって育まれる意識。

社会と関わる中で、何を重要視したいのかがわかります。

「日の柱」は、その人の本質。「種」のようなものですね。

陽(十干)は身近な人に対して直接的に出す表現方法、意識せずやっている行動。

自分のことは、案外見えないもの。

なので、人によっては、「こんな種ですよ」と伝えても、ピンとこない場合もあります。

陰(十二支)は、配偶者 恋人 直接的に支えてくれる環境。

知らず知らずのうち選び取っている環境です。

「時の柱」は人生の「到達地点」。

これは年齢を重ねて初めて意識にのぼります。

なので、60歳を超える年齢の方は大事です。

陽(十干)は、子供、年下の人との関わり方。

陰(十二支)は、自分がこの世で最終的に目指したいもの 成し遂げたいこと。

人生最後の日に、何を感じたいのか。

と言われています。

 

この中で、最も力を持っていると考えられているのは、

月の柱の陰「十二支」です。

社会の中で生まれる「感情」が、柱の肝。

なぜそうなのかは、人は「一人」では生きていけなくて

社会の中で生かされる存在だからでしょう。

人は人(社会)の中で、初めて自分が何者かを知ることができます。

比喩するもの(比べる対象)があってこそ、自分の立ち位置を判断することができるのです。

つまり、社会の中でしか、自分を育てていくことができない。

逆に言うと、社会が自分を育ててくれます。

ただし、比べる対象は、自分が選ぶものなので

例えば、自分にとって比べる意味がないもの、比べる価値のないものだったとしても、自分で気がつかない限り、無駄な比較をして苦しむことになってしまいます。

どんな場所で、何を感じたいのか

人に対して、何を求めているのか

社会に対して、何を提供したいか

月柱の十二支は教えてくれます。

十二支が喜ぶ環境を選ぶことは、とても大切なことですね。

心からの笑顔で過ごすために

心から安心できる居場所を見つける

それは

自ら選びとるしかありません。

この世に誕生したということは、この世にその場所があるということです。

だから、必ず居場所はあります。

命式とじっくり対話をすると、ヒントがもらえるかもしれませんね。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。