読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「自分の得意分野」を「気」で推理してみる:十二支が教えてくれる「思い」:四柱推命

ブログ

「暦」は「上下」セットで巡っています。

上の部分は「表面の景色」

下の部分は「内面の景色」

上の部分(表面の景色)は

「甲・乙(木)」 「丙・丁(火)」 「戊・己(土)」

「庚・辛(金)」 「壬・癸(水)」

10個のパーツが順番に巡ります。
これを「十干」と言います。

下の部分(内面の景色)は

子(水・12月)

丑(土・1月)

寅(木・2月)卯(木・3月)

辰(土・4月)

巳(火・5月)午(火・6月)

未(土・7月)

申(金・8月)酉(金・9月)

戌(土・10月)

亥(水・11月)

※正確には月の切り替わりは1日ではありません)

12個のパーツが順番に巡ります。
これを「十二支」と言います。

10個の十干と、12個の十二支が、一つづつ重なって、全部で60パターンあり、その60個の干支を「六十干支」と読んでいます。

「暦」はこの「六十干支」の組み合わせです。

画像

十二支が示す「気」は、目に見えない、形のない「気」です。

方位、時間、季節、気持ち、など。

「自分の内側」で感じる、ふわっとした「雰囲気」です。

それは、「行動」の原動力になったり、「目標」の決め手になったり。「なぜ、それを選んだのか」という「理由」になる、とても影響力のある「気」です。

目に見えないからこそ、「本質」が秘められているのです。

四柱推命では、「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の「4つの柱」の組み合わせで、「個人」の宿命を読み解きます。

特に、深く読み解くのは、何と言っても一番は、「月柱」の「十二支」、その次に「日柱」の「十二支」を読み解きます。

「月柱」は「社会との関わり方」

「日柱」は「自分の特徴」

人は「社会」の中で生きているので、「月柱」の影響をとても受けるのです。

全ての「行動」には「思い」があります。

生まれた月の十二支は、「行動」の原動力となる「思い」を示しています。

画像

「巡る運気」は、「自分の命式の気」に対して

「こんにちは! 仲良くしようよ」

と、外からやってくる「お友達」です。

「お友達」は、自分では選べなくて、強引に、そして、順番通りにやってきます。

「お友達」は、自分の「思い」を揺さぶったり、くすぐったり、時にはとても「苦手」なことを言ってきます。

毎月変わる「月運」は、「目指す方向に進むための、今やるべきこと」を教えてくれます。

なので、「気持ち」や「体調」に影響を感じやすいです。

例えば、「いつも2月はテンションが下がる」のであれば、「木」の「気」が「苦手」な人。

例えば、「いつも6月は仕事の結果が出る」のであれば、「火」の「気」が「得意」な人。

一般的には、テンションが上がる月は、自分にとって得意なとき。
なので、命式が喜んでいると考えることができます。
それとは反対に、テンションが下がる、体調を崩しやすいなど、ネガティブな傾向が強く出る月は、自分にとって苦手なとき。
なので、命式がプレッシャーを受けると考えることができます。

これは、自分でできる「運の養生」。
ぜひ、過去の「テンション」を振り返って分析してみてくださいね。

得意な気と、苦手な気が見えてくると思います。

画像

「苦手」だから悪いのかというと、そんなことはありません。

「苦手」な「気」は、ベクトルを「内側」に。

自分の「本心」にしっかりと向き合わせてくれます。

なので「準備」「勉強」「体調管理」をするには「最適」です。

それとは逆に、「得意」な「気」はベクトルを「外側」に。

欲しいものを掴めます。なので、動かないともったいない!

でも、テンションが上がりすぎてしまうと、体の疲れに気づかないので、その辺りはほどほどに。

十二支の「気」を意識して、一年の「行動計画」を立てると、「気持ち」が「流れ」に乗れるので、スムーズに進めます。

画像

せっかくなので、もう少し深掘りしてみますね。

十二支は3個集まると「化学反応」を起こすと考えられています。

「亥・子・丑」・・・「水」が溢れる(北方水局)

「寅・卯・辰」・・・「木」が溢れる(東方木局)

「巳・午・未」・・・「火」が溢れる(南方火局)

「申・酉・戌」・・・「金」が溢れる(西方金局)

「命式」と「巡る運気」の十二支を合わせた時、これら三つの十二支が揃う時は、一つの「気」がパワー全開になって、揺さぶってきます。

なので、その「気」を生かす大チャンスです。

また、「命式」にこの3つが揃っていらっしゃる方もおられます。

そんな方は「偏った人」。

とても「個性的」で「ユニーク」な人が多いです。

ちっとも人の言うことを聞かない我が道を突き進む人は、もしかしたら、「揃ってる人」かもしれませんね。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。