読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

いつもの一日がいつもの様に始まった:これからの「いつも」のイメージを「星」に尋ねてみた:ホロスコープから見た「景色」:冥王星

ブログ

5月1日。

いつものように、氏神様と、産土神様に、ご挨拶の「一日参り」に行きました。

 

なんだか、人がとっても多くて、さわさわというか、ワクワクというか、神社がとても華やいでいました。

 

 

そうだ!

今日から「令和」が始まったんだった。

 

 

一晩寝て、いつものように目覚めて、いつものようにご飯を食べて、支度をして。。。。

 

何一つ変わらない「朝」だったので、その事をすかっり忘れていました。

 

 

 

今日は、御日柄も良いので、ご祈祷やお宮参りのご家族もいらっしゃり、「幸せ」を願うあたたかい「思い」が、境内いっぱいに広がっていました。

 

 

 

私は、鑑定では「万年暦」を使い、干支と十二支の「運行」から「景色」を読み解き、お伝えしています。

 

それは、「表側」の「景色」で、一枚の「絵」として描き、イメージできる「世界観」です。

 

一方、星占いでお馴染みの「ホロスコープ」は、星の運行状況から、「星からのメッセージ」を感じるもので、「内側」の「景色」だと、私は感じています。

これは、あくまでも私が感じているイメージです。

 

 

この二つの、「切り口」は違いますが、合わせて読み解いてイメージしてみると、驚くほどリンクしたり、驚くほど「真逆」だったりするのです。

 

実際、「十二支と星座は、”表”と”裏”。表裏一体である。」と主張し、研究をされている鑑定士の先生もおられます。

 

 

改めて、全ては一つであり、全ては陰陽で構成されているのだと、思い知らされます。

 

 

 

天体の中で、「闇の世界」を見せてくれる「冥王星」という星があります。

冥王星は太陽系の最果てにあり、200年以上の時をかけて、ゆっくりと、静かに12星座を巡ります。

 

陰陽で捉えると、「陰の中の陰」

 

冥王星は「個人的」ではなく、「全体的」。

世の中い対して、様々なテーマを伝えてきます。

 

 

今、冥王星は「山羊座」を運行しています。

「山羊座」は、人の一生で例えるならば、たくさんの人生経験をして、たくさんの学びを得て、それをどう伝え生かすかを考える「老年期」のイメージです。

「着実に努力し、コツコツの積み上げえることが良いことである」と、山羊座は言います。

 

 

ほんとにそれで良いの?

 

 

冥王星は、意地悪に質問をしてくるのです。

 

 

積み上げたいものは何か?

もっと他に方法はないの?

我慢してまでも留まるのは良いこと?

誰のために、何のために積み上げているの?

 

 

「公」の価値観と「個人」の価値観の違いが、問われています。

「努力」する本当の「思い」を問われています。

 

もしもそれが、「独りよがりのワガママや執着」だとしたら、冥王星に怒られるかもしれません。

 

 

2025年に冥王星は、次に「水瓶座」に移動します。

水瓶座は「自由」「平等」「博愛」

 

これから、本当の意味での「みんながやりたいことが自由にできる」

そんな「時代」に向かって、冥王星は静かに歩みを進めています。

 

自分の「思い」が形にできる。

それはとても楽しく幸せなこと。

 

だからこそ、「自由であることの怖さ」や、「平等であることの閉塞感」が試されるのかもしれません。

 

 

 

自分の「いつも」が、皆んなの「ありがとう」になるように、日々粛々と「令和」の時を進んで行こう。

 

手を合わせながら、気持ちも新たに、決意しました。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。