読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「前向き」であろうが「後ろ向き」であろうがどちらも「自分」:陰陽説(陰陽の相互転化)

ブログ

「何事も、前向きに捉えて、ポジティブに頑張りたい」

 

 

そのように語られるお客様に対しては、あえて「ネガティブな景色」をお伝えしています。

 

「ポジティブ」はとても大切だと思っていますが、「全てポジティブ」はあり得ないからです。

 

 

全てのものには、相反する「気」が宿っています。

陰陽のバランスをとりながら、「全て」がそこにあるのです。

 

 

 

「陰陽説」は、古代中国で生まれた思想です。

 

全てのものは「陰陽」で成り立ち、その成り立ち方には4つの特徴があります。

 

1)陰陽の対立

相反するものは、お互い助け合って存在し、一つの統一した世界を作っている。

 

2)陰陽の相根作用

陰陽は、同じ根を持ち、依存しながら存在している。相手がいなくなって存在することはできない。

 

3)陰陽の消長平衡

陰陽の量的関係は、絶えず変化して、静止しない。一定の範囲の中で陰が増えると陽が減り、陽が増せば陰が減る。

 

4)陰陽の相互転化

対立する陰陽が、ある条件の元で極まると、反対の性質に転化(変化)する。

 

 

この4つの特徴を知った上で、「ポジティブ」を採用することが、とても大切です。

 

 

「ネガティブ思考」で判断し、「ポジティブ思考」で行動する。

 

 

「リスク」に向き合い回避するための「最善」の対策を「ネガティブ」に検討し、対策をしっかりと練る。

「失敗する気がしない」を、胸を張って「ポジティブ」に行動する。

 

「失敗する気」がないから、すぐに「結果」が出なくても、諦めずに「ポジティブ」に行動し続ける。

 

 

「結果」を出す人の行動は、例外なくこうしています。

 

 

 

「結果」が出せない人は、この逆パターンです。

 

「リスク」は、なんとかなりそうな気がすると「ポジティブ」に思い込み、「リスク」を「見なかった事」にする。

 

「なんとかならない」事態に対して、対策を準備していないため、「ポジティブ」がひっくり返って「ネガティブ」となり、「もう無理だ」と諦めて投げ出してしまう。

 

 

 

やり続けるためには、「ポジティブ」思考が必要です。

 

 

だから、「成功者」は、「とてもネガティブな、超ポジティブ思考」の持ち主です。

 

 

 

作家 星新一さんは、「ショートショート」の作品を1000以上執筆されています。

どれもとても読みやすく、でも、核心を鋭くついていて、どの作品も考えさせられるものばかりです。

 

その中でも、「おーい でてこーい」は、「陰陽の相互転化」の世界について書かれていて、読み終わった後、「背中に背負った荷物が、じわりじわりと重くなっていく」ような、恐ろしさを感じさせる物語です。

 

 

 

ある村で、台風が過ぎた後、一つの小さな「穴」が開いていることに、村人が気がつきました。

小さな小石を「穴」に投げ込んでみましたが、何も反応がありません。

「おーい、でてこーい」と叫んでみたけど反応がありません。

 

いろいろなものを「穴」に投げ込んでも、何の反応もなく、「穴」は何でも受け入れて、飲み込んでくれました。

 

何でも捨てられるので、みんなが様々なものを「穴」に捨てます。

ものはどんどん多くなり、捨てる人も増えていき、国を挙げて「不用品」を捨てました。

 

めんどくさいものを「穴」は全て飲み込んでくれるので、国はどんどん「発展」していきます。

 

そして文明は発展し、あっという間に「栄華」を極めたのです。

 

ある時、どこからともなく、小石が空から降ってきた気がしました。

「おーい でてこーい」

何だかそんな声がしたような気が・・・・

 

 

 

めんどくさいものは、全て「穴」の中に封印して「なかったこと」にした結果、この先、この「国」はどうなっていくのだろう。

 

 

「発展(陽)」するためには、しっかりと「めんどくさい副産物(陰)」とも、向き合わなくてはいけない。

 

「めんどくさい副産物(陰)」に蓋をして成り立つ「発展(陽)」が、いかに不安定であるかを、「おーい でてこーい」は教えてくれていると思います。

 

 

物理学では、宇宙を構成する全てのエネルギー量は、いかなる場合でも一定を保っている(エネルギー不変の法則)と考えられています。

 

木が燃えてしまっても、燃えることによってでた「排出物」を合算すると、「全体の総量」は変わらない。変わるのは「形」だけ、ということです。

 

 

 

どのような「形」を作りあげようとも、結局は「宇宙のエネルギー量」は変わりません。

 

 

「宇宙で起こること」は「自分の中に起きる」ことです。

 

 

どのような「形」が出来あがろうとも、「自分のエネルギー量」は変わりません。

 

「成功」しようが「失敗」しようが、どちらとも「自分のエネルギー」は一定です。

 

 

だから、「成功」しようが「失敗」しようが、「自分」であることには変わりないということです。

 

 

 

「おーい でてこーい」は、『ボッコちゃん』新潮社 に収録されています。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。