読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「起承転結」を「気」で「解釈」してみたらこんな感じになりました:四柱推命は深くてこんなに面白い

ブログ

人生は「物語」です。

 

人生の最後の日に、自分の「物語」を振り返り、「いろいろあったけど、楽しかった」と感じることができたなら、自分らしく生きられた証だと思います。

 

お客様の、今までの「物語」を聞いていると、「自分の物語」を作り上げる難しさをつくづく感じています。それは、もちろん、私も同じです。

 

 

文章を組み立てる時、「起承転結」に基づいて考えると、とてもわかりやすくなります。

「流れる」ような文章となり、最後までスムーズにサラサラと文章が進んでいきます。

 

 

森羅万象は、「気」で構成されています。(唯物論)

 

 

「気」には五つグループがあります。

「木」「火」「土」「金」「水」です。

 

「木」は始まり

「火」で勢いが増し

「金」で勢いに陰りを

そして、「水」で形がなくなります。

 

「土」は全ての「中央」

つまり「土」が「核」となり、全ての「根」として存在して、「物語」が思いも寄らない方向に「暴走」してしまわないように、手綱を握りしめてくれています。

 

 

まずは「起」です。

 

「起」は「木の気」です。

 

 

「木の気」の「思い」は「怒り」です。

物事の始まりは、「こんなはずじゃない、このままじゃ終わらない」

「怒り」が「始まり」のスイッチを押します。

「木の気」は「名誉」を欲します。

「自分の名誉(プライド)を取り戻す」ために、物事が始まるのです。

 

 

 

今に見ていろ、このままじゃ終わらない。

きっと見返して、自分自身を取り戻す。

 

 

 

「木の気」が後押しをしてくれて、「物語」が始まります。

 

 

次は「承」です。

 

「承」は「火の気」です。

「火の気」の「思い」は「喜」です。

 

 

「喜び」の感情が、物事を動かす原動力となってくれます。

喜んでくれる人の応援を味方に、どんどん「変化」が巻き起こります。

 

 

 

楽しくて仕方ない。

皆んなも喜んでくれた。

 

 

 

テンション高く、物事がどんどん動きます。

「火の気」は「色欲」を欲します。

 

頑張っていると「モテる」ので、ますます頑張りたくなります。

 

 

 

 

次は「転」です。

 

「転」は「金の気」です。

「金の気」の「思い」は「悲」です。

 

 

「変化」には、犠牲が伴います。

手放してこそ、新しいものが手に入ります。

失ったもの、変わってしまったものに目をやって、悲しくなります。

 

 

お別れは悲しい。

もう会えないから。

でも、それは仕方のないことです。

 

 

「金の気」は「財」を欲します。

ちゃんと「結果」を出すためには、捨てるのは悲しいけど、でも要らないものを捨てないと、目標とする「結果」を出すことはできません。

「冷静」に判断をしなくてはいけません。

 

 

 

 

「承」と「転」は「土の気」によって、「一つ」に結ばれています。

 

 

「土の気」の「思い」は「信」です。

 

 

いろいろなことが変わっても、自分を「信じて」いれば

浮かれすぎることもなく(火の気)

心配しすぎることもなく(金の気)

 

 

そして物語は進みます。

 

 

 

最後は「結」です。

 

「結」は「水の気」です。

「水の気」の「思い」は「恐」です。

 

 

手に入れた瞬間から、それを失う恐怖が心をよぎります。

「失う」ことは怖くて仕方がありません。

 

 

 

この「幸せ」をずっと維持して行きたい。

 

 

 

でも、物事は「同じ状態」であり続けることはありません。

 

 

「幸せ」は失ってしまいます。

 

 

どうして失わなくてはいけないのか。

 

 

失った心が、「怒り」に変わります。

「怒り」が、再び「始まり」のスイッチを押すのです。

 

 

 

「起」と「結」は「土の気」によって、一つの結ばれています。

 

 

始めることができるのも

終わることを受け入れることができるもの

自分の「信念」さえあれば、途中でいろいろな「思い」に翻弄されたとしても、「ゴール」を信じて「出発」できます。

 

 

 

全ては「土」が手綱を握っています。

 

 

 

自分を信じきることができれば、揺るぎない「信念」があれば、「自分の物語」は素晴らしいものになります。

 

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。