読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

ぞれぞれの「進化」を意識する:森羅万象は「気」:「運気」を味方につける方法

ブログ

全ての森羅万象のものは「気」で構成されています。

例外はありません。

 

 

「気」は「木」「火」「土」「金」「水」の五つの「種類」があります。

この五つの「気」が、お互い「成長」するために、ぐるぐると巡ります。止まる事や、逆走することはありません。

 

 

 

「木のお母さん」は「火の子供」を育てます。

「火の子供」は「木のお母さん」に力をもらって「成長」し、「お母さん」になります。

 

「火のお母さん」は「土の子供」を育てます。

「土の子供」は「火のお母さん」に力をもらって「成長」し、「お母さん」になります。

 

「土のお母さん」は「金の子供」を育てます。

「金の子供」は「土のお母さん」に力をもらって「成長」し、「お母さん」になります。

 

「金のお母さん」は「水の子供」を育てます。

「水の子供」は「金のお母さん」に力をもらって「成長」し、「お母さん」になります。

 

「水のお母さん」は「木の子供」を育てます。

「木の子供」は「水のお母さん」に力をもらって「成長」し、「お母さん」になります。

 

 

 

「気」は「成長」のサイクルです。

全ては「成長」するために「存在」しているのです。

 

 

 

「母」から「子供」へ。

 

 

 

全てのものは、「次の世代」に引き継がれていきます。

 

そして、永遠に「進化」の過程を辿ります。

 

 

 

「進化」(生物学的観点から)とは何か。

 

 

生物の様々な種類が、地球の歴史の中で、「元の形」から、「展開」「多様性」してきた時にとったと考えられる「過程」のこと。

 

この「過程」は、突然の予測されない変化を生む「突然変異」

環境への「適応」で、定められた変化をする「自然淘汰」

時間とともに生じるが、自然淘汰とは「無関係」な「遺伝的浮動」

この「3つ」の「過程」に分類される。

 

(オクスフォード辞典より抜粋)

 

 

 

「人」の「進化」も、この「3つの進化」の種類に当てはめて考えてみると、「運気の乗り方」を具体的にイメージする事が出来ると思います。

 

 

 

運気の乗り方:「突然変異」バージョン

 

ある時突然、前触れもなく、ひょんなことから始まる「進化」のこと。

「セレンディピティ」です。

ある日、突然、芽吹いた素敵な「芽」を発見しました。

発見した時、「心」がふわっと楽しくなります。

そういえは、随分前に、あっちこっちに「種」を蒔いていて、蒔いた場所や蒔いたことさえ、忘れてしまっていました。

「水」は上げていなくても、親切な誰かが、ついでに「水」を上げてくれていたから、無事に「芽」が出ました。

「芽」は親切な誰かに「運良く」助けられたのです。

「芽」の種類も、どんな花が咲くかもわからないけど、「とりあえず」育ててみようと思います。

「芽の存在」に気がついたのは、何か楽しいことはないかなと、「ポジティブ」で「ワクワク」する気持ちで、あっちこっち探していたからです。

それはとても「小さく」「不安定」な「芽」なので、慎重に、大切に育てなくては「進化」しません。

 

 

 

 

運気の乗り方:「自然淘汰」バージョン

 

毎日、毎日、同じ「歯車」を真面目にくるくる回していました。

何も考えていなくても、同じ「作業」の繰り返しなので、「安心」して繰り返していました。

でも、「歯車」が古くなって、朽ちていき、このままでは「壊れて」しまいそうです。

そういえば、小さな「亀裂」もできているし、回す時に「引っかかる」のも気になります。

「ネガティブ」な思考は、「悪いところ」を具体的に見るのに役立ってくれます。

そろそろ、「歯車」を「新調」しなくては、いずれ壊れてしまいそうです。

壊れてから探すと、新しいものが見つかるまでの時間が無駄になります。

どうせなら、より「効率良く」「バージョンアップ」したものに変えたほうが「お得」です。

「忖度」を意識して、「新しい歯車」に取り替えます。

「新しい歯車」は、今までの「不都合」も解決してくれて、生産性が「進化」しました。

 

 

 

運気の乗り方:「遺伝的浮動」バージョン

 

「山の天気」は移ろいやすく、いつも「観察」が欠かせません。

雲の動きや、風の吹き方は、よく観察すると、「これから来る天気」を少し早めに教えてくれています。

最初はなかなか「自然」が教えてくれる「これからの天気」を予測することは難しかったけど、何度も「イメージ」をして「想像力」を働かせると、だんだん上手になりました。

「場所」によっても「天気」は違うので、「今の立ち位置」の把握も大切です。

「天気」は自分の力が「及ばない」とても大きな変化なので、抗わず、賢く「利用」した方が「天気」を楽しむ事ができます。

それぞれの「天気」の過ごし方が違うから、せっかくなのでそれを楽しんが方が「お得」です。

でも、どうしても「行きたい」ところがあって「やりたい事が」ある時は、「天気」には左右されたくありません。

そんな時は「天気」をしっかりと「観察」して「行動」します。

雨がたくさん降る時には、傘だけでは体が濡れてしまいます。

しっかりと雨具を着込み、長靴を履いて、着替えも持っていれば、たとえ雨に濡れてしまっても大丈夫です。

 

 

「3つの進化」は、こんな感じだと思います。

 

 

「突然変異」バージョンは、瞬発力と度胸が試されます。

これから先は全くわからず、でも、とても「大きな波」が起こる可能性が高いのです。

それは、今後の人生の方向性をガラッと変えてしまうほどの「大きな波」になるかもしれません。

 

「人生の転機」は、この「進化」が起きたときです。

 

「とりあえず、やっちゃおう!」

そう言い切れたら、「進化」のスイッチがONになります。

 

 

 

「自然淘汰」バージョンは、知識と経験が試されます。

目の前のことに「正面」から向き合って、しっかりと「今の状況」を把握しなくてはいけません。

「何とかなるかも」とか「誰かが何とかしてくれるかも」とか

惰性や人任せは禁物です。

 

しっかりと準備ができたら、自分を信じて。

次の「進化」のスイッチは、「今必要ないもの」の下に埋もれています。

不用品を、すっきりさっぱり捨て去って、下から現れた「進化」のスイッチを、自分で押します。

 

 

「遺伝的浮動」バージョンは、「暦」の流れを読み解くと、予測できます。

「暦」は規則正しく、順番に、森羅万象に巡ります。

「自分」にとって「得意」なのか「苦手」なのか、しっかりと把握すると、「自分なりの」過ごし方が見えてきます。

「傾向」と「対策」が万全であれば、どんな「天気」が来ようとも、怖くはありません。

 

 

「3つの進化」をイメージして、賢く「利用」すると、「進化」が楽しみになってきて、素敵な「進化」ができると思います。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。