読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「手」の平の中の「光」と「影」を感じる:「手相」が語る「気」:占いを利用して運気を調整する

ブログ

月に10回、コンピューター手相診断コーナーの担当をしています。

 

手相をコピー機で印刷し、お客様のお誕生日を伺って、「日柱」と「手相の画像」で、簡単ではありますが、運気の流れを基にして、手相を観ていくのです。

 

1回300円で、気楽にできることもあり、平日でも行列ができるほど、たくさんの方にお越しいただいています。

 

 

お一人様、3分くらいの鑑定時間ではありますが、お客様が少ない時や、「これは言いたい!」と、私が引っかかってしまった時は、つい話し込んでしまい、次の方にお待ちいただくこともありますが、「一期一会」の出会いを大切にしていきたいと思っているので、「何かを持ち帰って」頂けないと、気が済まなくて、つい話が長くなってしまいます。

 

「たかが300円だから」ではなく「とても300円とは思えない」と、皆様に感じて頂きたいと、いつもそんな気持ちで仕事をしています。

 

 

お客様の中には、わざわざ県東部や県外から、お越しいただくこともあり、それもあって、ますます「300円以上の価値」を感じていただきたいと思っているのです。

 

 

コピー機で印刷される「手相」はモノクロです。

 

 

それは、「光」と「影」の「世界」

 

 

「色」のない「世界」は、陰陽をはっきりと映し出しています。

実は、目で見る「手相」と、印刷で見る「手相」は、違うのです。

「色」で誤魔化していないので「本質」が浮かび上がります。

 

 

全ての「線」は「影」、つまり「陰」を映し出しています。

掌の膨らみは「光」、つまり「陽」を映し出しています。

 

 

「線」がすんなり伸びていたり、はっきりと、しっかりと伸びていれば、「迷い」がないと見て取れます。

少してでも、「迷い」があると、「線」の周りにも「影」ができていて、「線」そのものを「邪魔している」「飲み込んでいる」、そんな「気」が映り込みます。

 

中途半端な「線(陰)」は「影」としてコピー機が認めないので写りません。「とりあえず、線を伸ばしてみました」程度では、ダメなのです。

 

全ては陰陽、どちらもしっかりと存在してこそ「形」ができます。

 

何事も、まず「陰」をしっかりと受け止めること。

「ネガティブ」の土台がしっかりとあってこそ、「ポジティブ」が安定して発揮できるのです。

 

 

なので、「土台のないポジティブ」は、不安定で危なっかしいと思っています。

 

 

印刷された「手相」は、「ネガティブ」の土台があり、そしてそれを乗り越えるために「ポジティブ」に「行動」していないと、映し出してくれないのです。

 

これは、私の感じていることで、真偽の程はわかりませんが、たくさんのお客様の「手相」が私に囁いてくれて知ることができた私の「気づき」です。

 

 

「掌」の「光」の中に、「影」が映し出される時は、「疲れ」が出てきたサインです。

 

力のある「光」は一点の曇りなく張りだしているので、「影」を寄せ付ける「スキ」がありません。

「光」の中に「影」が下から覗くのは、「張り」がゆるくなったからです。

 

そんな時は、「少し忙し過ぎているかもしれないから、今日は、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かって、思いっきり深呼吸をしてくださいね」と伝えます。

 

疲れているのは、「戦闘態勢」だから。

心と体が前のめりになっています。

 

鎧を脱ぎ、武器を捨て、ひと時でも「休戦」すると回復します。

 

 

ただ一つだけ、観ると胸が切なくなってしまう「手相」があります。

 

 

それは、「飲込まれてしまった手相」です。

 

 

「光」も「影」もなく、そこには「灰色」があるだけ。

何も映り込んでいなくて、よく見ると、わずかではありますが、「消え入りそうなほど」弱々しい「線」がある。

きっと、ここには、かつて「生き生きとした線」が伸びていたんだろうと思える「痕跡」は残っています。

きっと、ここは、かつて「内側から弾き出される弾力」があって豊かな「血」が巡っていたんだろうなと思える「痕跡」は残っています。

そんな「手相」です。

 

 

そんな時は、「もう十分だと思います」と一言だけ言うのです。

 

「自分」が飲み込まれるほど、飲み込まれてもなお、頑張った「手相」は、とても切なく、とても弱々しく、「もう無理」と、私に話てくれるからです。

 

 

その時のお客様の反応は2パターンあります。

 

一つは、涙をポロポロ流される。

それは「鎧」を脱ぎ捨てた瞬間です。

緩んだ心と体が、やっと溜め込んでいた「涙」を外に滲み出してくれました。

涙は「第一関門突破」したことを教えてくれるので、それから今後の運気を、ちょっと優しめにふんわりとお伝えします。

そうすると、お客様のお顔にふんわりと「血色」が戻り、最後は素敵な笑顔になられます。

なので、私も嬉しくなって、「今日、お会いできてよかった」と、お客様にお伝えするのです。

 

 

もう一つは、「無反応」

これは、なかなか手強いです。

心が動けないほどに、「諦め」が支配した状態です。

心が動いていないのに「行動」することは、ただの「物質の移動」です。このような状態で、いくら動いてみたことろで、どんなに周りが「すごいね」と言ってくれたとしても、「心ここにあらず」なので、ちっとも嬉しくありません。だから、「空回り」している状態に落ちいてしまいます。

そんな人は、「気」が上にばかり上がっていて、下に「気」が降りていけないのです。

足は浮腫んだり、冷えたり。肩はパンパンに張って、頭がふわふわクラクラしたり。こんな感じになっています。

なので、まずは全身に「気」を巡らせることをお勧めしています。

ストレッチやお散歩など、「何も考えず」に少し汗ばむ程度の運動は、「血」を巡らせてくれて、「血」とともに、一緒に「気」も巡ります。

焦らずに、何も考えずに。

そのうちに、きっと「気」が巡り始め、心が軽くなってきます。

 

 

 

「光」と「影」だけの世界は、本質をとても冷静に見せてくれます。

そこには「ごまかし」はありません。

 

 

実は、私も時々、自分で手をコピーして、「気のチェック」をしています。

「気の健康診断」みたいな感じです。

 

「運気」の流れは変えられませんが、運気のどこを「採用」するかは、自分で決めることができます。

 

 

「手相」がすっきり生き生きしている時は「勝負・攻める時」

「手相」がぼんやり沈んでいる時は「学び・振り返りの時」

 

 

こんな風に「手相」を利用すると「お得」です。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。