読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

フットワークを大切にするには「靴」にこだわる:風水:「運」がいい人は「靴」を大切にしている

ブログ

「サスペンスドラマ」や「刑事ドラマ」が好きで、良く見ています。

特に好きなのは、「科捜研の女」。

 

沢口靖子さんの、「暴走ぶり」が面白くて、また、彼女の仕事にかける情熱と、専門職のプライドにいつも感心しています。

 

歩き方は「個性」が出ます。

 

でも、科学の技術はそれだけではなくて、「個人」も特定できてしまうそうです。

 

「科捜研の女」のドラマの中で、防犯ビデオの映像の「歩く姿」から、「歩容認証」を使って、犯人を見つけるシーンがありました。

 

 

「命式」も「歩き方」も人それぞれ

 

みんな違うんだなあと、妙に納得しました。

 

 

 

夏になると、サンダルが欲しくなります。

今年の夏用に、2足サンダルを新調しました。

 

 

「無印良品」のサンダルは、軽くてまるで「履いていない」見たいな履きごごちです。

 

ナイロンなので、少しくらい濡れても気にせずサクサク歩けます。

 

 

 

女性オーナーさんが、一人で切り盛りされているセレクトショップで購入した、赤いサンダル。

 

このシリーズは、とても歩きやすくて、このお店でも人気が高い商品です。

 

なんでも、オーナーさんが、「骨折」しても、このサンダルを履いて旅行に行けた!と言う、「武勇伝」があるサンダルです。

 

「みんなが行くなと止めたけど、どうしても行きたかったから、行っちゃったのよ。でも、このサンダルだけは、足が痛くならなかった。だから、すごく履きやすくてオススメ」

と、彼女はお客様にいつも話しています。

 

私の靴選びのポイントは、「荷物をいっぱいに詰め込んだキャリーケースを抱えて、駅の階段を駆け上がることができる靴」です。

彼女は、そんな私の希望にも、「骨が折れても履けるから、階段なんて全然平気よ」とドヤ顔で言い切りました。

 

確かに!

 

サンパークでの仕事は、一日中立ちっぱなしになることも多く、足の負担もかなりありますが、このサンダルを履いた日は、足元が気にならないので、楽々仕事に打ち込めます。

 

お値段も、かなりの「プチプラ」が嬉しい!

 

 

「運」を掴む人は、「行動力」があります。

それは、歩きやすい靴を履いていてこそ、できること。

足に合わない靴は、それだけで「障害」となって、「最初の一歩」がほんの少し遅れてしまいます。

「ほんの少し」は、侮ってはいけません。

「ほんの少し」が毎日、たくさん、ずっと続くと、「かなり多く」なります。

足に合わない靴を履くことは、「かなり多く」の「距離」を浪費していることになるのです。

 

 

「気」は意識したところに「集中」します。

 

 

足元が気になると、「足」に「気」が集まってしまい、前進するためのベクトルの「気」が減ってしまいます。

 

 

砂浜を、ルブタンのピンヒールで走る姿を想像してみてください。

 

ヒールが砂に埋もれて歩きにくいし、そもそも、靴が痛んで勿体無いから、走りたくありません。

 

 

「成功者」は靴に非常にこだわっている人が多いです。

そして、「靴」を大切に扱っています。

 

 

それは、いつでもどこでもダッシュできる「瞬発力」を大切にしているからです。

「靴」は「チャンス」を掴むための大切な「武器」だから。

「武器」のお手入れを欠かさないのです。

 

 

まるで飛んでいるかのように軽やかに「動く」

「いい靴」は「いい運」の場所に連れて行ってくれます。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。