読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「亥」がいよいよ顔を出す:四柱推命は深くてとても面白い:十干支と十二支の関係

ブログ

「暦」は「上下二層構造」です。

 

上の部分は

「木(甲・乙)」 「火(丙・丁)」

「土(戊・己)」 「金(庚・辛)」

「水(壬・癸)」

これらを「十干支」と呼びます。

十干支は、「見える景色」を示します。

 

下の部分は

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥

おなじみの十二支です。

十二支は、「見えない景色(思い)」を示します。

見えない景色とは、方位、時、それから、「人となり」も示します。

 

 

10個の干支と12個の十二支が、セットになって、全部で60種類の組み合わせが、順番に巡ります。

 

1年に一つずつ巡る「レール」の上に、1ヶ月に一つずつ巡る「パーツ」が載っていて、ぐるぐると流れています。

 

 

今年の「レール」は、「己・亥」です。

「己」は、広い大地のような「景色」です。安定した広大な景色です。

「亥」は、木が伸びている水辺の「景色」です。「亥」は、表面に出たいと思っていますが、「己」は「亥」のことをどうも良く理解することができなくて、二つが手を取り合う事ができないのです。

 

「思い」はあるけど、上手く外に出せない

 

今年はこんな「レール」です。

 

 

「亥」は、上の部分に「甲(木)」と「壬(水)」が来てくれるのを、ずっと待ちわびています。

 

 

「甲」と「壬」は、「亥」の気持ちを、良くわかってくれるので、「外に出ておいで」と、しっかりと手を繋いで、引っ張り出してくれるのです。

それはまるで、頼もしい彼のよう。

 

だから、「亥」は自信を持って、外に出ていくことができます。

 

 

四柱推命では、「手を繋ぐ関係」のことを、「通干・透干」と言います。

個人の命式で、「通干・透干」があると、「自分の気持ちを上手に外に出せる人」として鑑定します。逆にない場合は、「自己開示が苦手な人」として鑑定します。

 

 

ただし、「暦」の解釈はそれだけではありません。

巡る運気もあり、一緒に過ごす人の気もあり、環境の気も、人は全てシャワーのように浴びています。

 

そして、巡る運気の「レール」と「パーツ」も、その二つの組み合わせによって、「自分の気持ちを上手に出せる月」と「自己開示が苦手な月」があります。

 

 

「亥」は、どこかで「甲」「壬」が来てくれることを待ちわびて、節分明けから待っていました。

そして、ついに、待望の二人がいよいよ登場する「運気」が巡ります。

 

8月は、「壬・申」(正確に言うと8月8日から9月7日まで)

10月は、「甲・戌」(正確に言うと10月8日から11月7日まで)

 

 

8月と10月は、「亥」がひょっこりと顔を出すんです。

 

 

 

「亥」は、成長の気である「木」を宿しています。

 

これから何かを始めたい

これからもっと大きく育てたい

言えなかった気持ちをはっきりと伝えて二人で成長していきたい

 

蓋をされて閉じ込められていたことが、ぱかっと蓋が外れてくれて、気持ちよく背伸びができて、一歩前に進めます。

 

 

7月も後半です。

そろそろ来月に向けて「シミレーション」を始めましょう。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。