読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「全て」はそこにあるから、後は自分で体感するだけ:天人合一:「気」を意識すると「核」がはっきりと見えてくる

ブログ

 

令和元年の初日 5月1日に、海と庭に遊ぶ日本茶庭園カフェ「茶宗天地」(CHASO-AMETSUCHI) が、オープンしました。

 

古い民家をリノベーションしたお店は、オーナーご夫婦の「こだわり」の詰まった空間です。

 

 

 

宇部市内から、車で20分くらい。海に向かって車を走らせ到着しました。

 

この日は、あいにくの雨。

でも、お店に着いた時には、雨は止んでいました。

 

 

 

鉄瓶のまろやかなお水を使って、一杯ずつ、丁寧に、急須でお茶を入れてもらえました。

奥様は、マクロビの知識が豊富。

体に優しい材料を吟味して、焼き菓子を作られます。

 

 

ランチメニューはありませんが、「酵素玄米茶粥」がいただけます。

「茶粥」とは、山口県宇部市の「ソウルフード」です。

地域の集まりがあったり、何かの時には、「茶粥でもどうぞ」と言って、振舞われます。

 

 

 

お店オリジナルの「野草茶」をいただきました。

甘みが「濃い」、しっかりとした香りと味で、でもとても飲みやすいお茶です。

 

野に力強く根を張り、育った野草は、とてもエネルギッシュで、「地に足の着いた」安定感のある力を与えてくれた気がしました。

 

 

 

この日のお天気は、とにかく目まぐるしく移り変わりました。

 

お店に着いた時には、「もう、傘いらないね」と思うような晴れ間が一瞬広がりました。

海の見えるカウンターの席からは、対岸の建物もはっきり見えていたと思いきや・・・

 

ゴロゴロ雷が鳴り始め、対岸は、黒い雲に覆われて、そして、雨がひどく降っているように、みるみるうちに、真っ白に霞んでしまいました。

 

それから、雨はこっちにどんどん寄ってきて、たちまち大粒の雨がボトボト降り・・

 

困ったなあと思っていたら、あっという間に、空が明るくなっていき、所々青い空が広がってみたり。

 

そうかと思えば、また黒い雲が・・・

 

「全てのお天気」を窓から眺めながら、お茶をいただきました。

 

満潮だった海も、あっという間に潮が引いていき、最初は聞こえていた波の音も、遠くに離れていってしまいました。

 

あまりにも荒々しく変化するお天気を眺めていると、「人」も同じように荒々しく「変化」していて、自分自身に「翻弄」されるのか、いかなる時にも「対処」できる自分自身になるのか、選択を迫られているのかもしれないと感じたのです。

今、「人」は、何が起きてもブレない「核」があるかどうか、試されているのかもしれない。

そんな風に思えてきたのです。

 

それはなぜかというと、全ては「気」でできていて、「大自然」も、「人」も、同じ「気」の集まりであり、よって、「自然界」で起きていることは、「人」にも起きているから(天人合一)です。

 

五感だと思って感じているものが、本当に自分の五感なのか。

もう一度、確認する時期にきているのかもしれません。

 

 

 

「瞑想」は、大自然の気とつながる体感ができ、外から「自分」を静観する事ができるため、気持ちが落ち着いたり、五感をクリアにする事ができると言われています。

 

効果を実感するためには、正しい瞑想法を知る事が大切ですが、「概念」の世界観は、人によって感じ方が様々なので、うまく伝えることはとても難しいことです。

 

 

瞑想がどのようなものなのか、わかりやすく説明した話があります。

 

ある賢者が弟子たちに瞑想について、それはどういうものかと質問を受けました。

「それは、ふるいで水を満たすようなものです。」と賢者は答えます。

弟子たちは、ますます分からなくてなってしまいました。なぜなら、ふるいで水をすくうのは、不可能だからです。

一人の弟子が、改めて、賢者に質問しました。

「それは、どういうことでしょう?」

すると、賢者はその弟子を海に連れていき、弟子が見ている前で、ふるいを海に投げ込んだのです。そして賢者は言いました。

「これでふるいは水で満たされました。そして永遠に満たされます。」そして賢者は続けます。

「瞑想とは、精神を少しずつすくうものではなく、精神の海に入って、日々そこに浸っているということなのですよ。」

 <「脳にいいことだけをやりなさい」マーシー・シャイモ(著) 茂木健一郎(訳)/三笠書房 より抜粋>

 

 

物事は、「両方・反対」から見てみると、「核」が、「ここにいるよ」と、しっかりと主張してくれます。

煮詰まった時は、たいてい、視野が狭くなっていて、片方でしか見えなくなっている時です。

うまくいっている時、「片方だけの視野」はその人の個性であり、最高の売りなので、しっかりと偏って片方だけ、穴があくほど見つめる。でも、そうではない時には、仕切り直して、気分を変えて、思い切って視野を広げてみる。そうすると、偏りの向かっている先が、あまりにも偏りすぎていて、「これじゃあ無理なのも仕方ない」と気がつく事ができます。

 

一日のうちに、少しでも、「精神の海に浸る」時間を持ってみる。

大切な「核」に、一日に一度でも「今日も元気だね」と生存確認をする。

大切なものは、大切に扱わないと、ヘソを曲げてしまって、どこかに行ってしまうかもしれない。

 

ゆっくりと丁寧にいれたお茶を楽しむ時間は、つかの間の「精神の海」に浸る時間を味わえました。

 

 

自分を大切にする時間、自分を喜ばせる時間。

五感を解放して一服のお茶を心行くまでゆっくりと味わう。

時を止め、感覚だけを頼りに自分を解放する。

海の青

木々の緑

鳥のさえずり

波の音

茶葉から漂う青々しい香り

 

そんなすべてが味わえる場所

それがここ茶宗天地です。    

          (茶宗天地リーフレットより抜粋)

 

山口県宇部市東岐波251ー1

営業時間 10:00〜17:00

定休日 毎週火曜・水曜

 

 

「全ての気」をご馳走様でした。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。