読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「最後に一言」と言われたら、あなたは何と言いますか?:これからの「運のいい人」とは

ブログ

 

「今日が、人生最後の日だとしたら、誰にどんな手紙を書き残したいですか?」

 

お客様から、突然尋ねられました。

いきなりだったので、「なぜですか?」と聞いてみたら

先日、参加したセミナーの中で、講師が参加者に尋ねたそうです。

 

そして、ふと心に浮かんだ「顔」の中に、「大切にしなくてはいけないはずの人の顔」がなく、その事に気付いた彼女は、本当に大切にしたい人の存在がわかり、心が軽くなった反面、罪悪感も感じてしまったそうです。

 

 

自分の心の奥底の「核」と、真正面から向き合うと、罪悪感が芽生えることが多くあります。

 

人は社会的動物として、「社会」の顔を一番大切にし、それを何とか信じなくてはと、日々「葛藤」しています。

 

悩みの本質は、「外の自分」と「内の自分」のギャップの「差異」を受け止めることができないから。

その「差異」を受け止め、できる限り「同じ」にするために「戦う」道を進むのか。それとも、「差異」と良しとして、大切に「守る」のか、選択肢は二つしかありません。

 

 

やるか、諦めるか

 

 

悩みの解決方法は、この二つのうちの、どちらか一つです。

 

 

昔昔の大昔、人は「本能」のままに生きていました。

「本能」は、危険を察知して、命を守ってくれる役割を、しっかりと果たしてくれます。

だから、「何となく」感じる「直感」は、大切なものを守るためには、「絶対服従」の感覚です。

 

全てのものは「進化」します。

 

人も、進化していきました。

進化すると、たくさんの「物」が必要になってきます。持っていた方が「便利」だからです。

たくさんの「物」を持つための行程は、一人で全て行うよりも、人と「協力」した方が、効率よく進めます。

人は、一つ所に集まり始め、「社会」を形成しました。

 

「社会」の中にいると、何があっても守ってもらえるので「安全」です。なので「社会」はどんどん「進化」していきます。

 

全てのものは陰陽のバランスを取ろうとして、常にゆっくりと動いています。

得るものがあれば、同じだけ、失うものもあります。

 

 

「社会」の中で折り合いをつけながら生きる事ために、人は「安全」を選びました。

そして、「直感」を手放しました。

 

 

「直感」は、そもそもは命を守るための感覚です。「社会」は安全な場所なので、「直感」がなくても、大丈夫です。

 

それよりも、「枠」の中で生きるには、「枠」の中の人たちが、みんな賛成してくれる方を選んだ方が、無難です。みんなが賛成するためには、「裏ずけ」が必要です。

「安全」の中で必要とされるのは、みんなが賛成する根拠となる「論理」です。

 

なので、人は、しっかりと考え、意見を求め、「今までこれで成功した」と言われると、その通りに、コツコツやることで、「ご褒美」がもらえました。

 

 

しっかりと守ってくれると信じていた「枠」が、ポロポロと、小さな部分から崩れ始め、崩れれば崩れるほど、大切な土台さえも、亀裂が入ってきました。

 

 

進化の過程は、「点」から始まり、「面」となり、それから「立体」になっていきます。

 

 

「面」だった時には、前に向かって歩いていさえすれば、進めましたが、「立体」はそうはいきません。

足が届かない上に向かって、飛んでみたり、飛べなかったら、何か代わりのものを投げてみたり、様々な方法を試さなくては、行き届かなくなりました。

 

今までとは、全く違う方法でなければ、太刀打ちできなくなってしまったのです。

 

 

「社会」の中で生きるためには、やはり「枠」は必要です。

「枠」がないと、人は野放し状態となってしまい、あっちこっちで面倒なことが起こるからです。

 

「枠」の条件は、「守ってくれる」こと。

形のない「枠」は、「信じる気持ち」だと思います。

信じていいるからこそ、安心して、そこでゆっくり羽を伸ばせるからです。

 

形のあるものは、いずれ壊れてしまいます。

でも、形のないものは壊れません。

 

だから、人を信じて、そして、自分を信じることができたら、案外、今からの方が、楽しく進めるかもしれません。

 

それは、「直感」と「論理」のバランスを、今までとは違う配分で、組み直すと、必ずできると思っています。

 

 

今日が、人生最後の日だったとしたら、どんな手紙を書き残したいか。

せっかくなので、私も考えてみました。

 

 

色々と迷惑もかけてしまったけど、でも、信じてくれてありがとう。

そんな手紙を書きたいなと思います。

 

 

それから、ちょっと欲張って、自分宛にも。

色々とあったけど、自分を信じて良かったね。

大きな花マルをたくさんつけて、そんな手紙が書けるように、進んでいきたいなと思います。

 

 

信じる気持ちは、「自分の中」にあるものなので、誰の指図も受けずに決められるし、誰にも邪魔をされることは、決してありません。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。