読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「果報は寝て待て」:タロットカード「塔」「ソード3」

ブログ

鑑定では、お客様に、スッキリした気持ちになっていただきたいといつも思っています。

 

その為に、まず、「命式」の説明をします。

万年暦を使って、お誕生日から、導き出される「八文字」の「命式」は、その方の、取り扱い説明書です。

 

生まれた「年」は、その年の「社会の景色」

生まれた「月」は、その方の「社会での顔」

生まれた「日」は、その方の「人となり」

生まれた「時間」は、その方が「辿りつく場所」

 

それらを一連の「時間の流れ」として読み解き、それをめぐる「気」に、どうやって乗せて進むのが、スムーズであるかを見ていきます。

 

そして、より「具体的」な事柄は、タロットカードで鑑定をします。

 

カードは「一期一会」のメッセージを示します。

「今」の状態と、このままの「今」で進んでいくと、どのような可能性が広がるかを「物語」として示してくれるのです。

 

それはあくまでも「可能性」です。

なので、「今」のベクトルが変わると、カードも全て変わります。

 

 

 

いつも、何かひとつでも、一歩でも、進んでいただきたいと鑑定をしています。

でも、どうしても、進めない時、というか、進まないほうがいい時があります。

 

それは「精も根も尽き果てた時」

 

実は、カードリィーディングで、「このカードが出たら、何もできる状態ではないかも」と、心がキュンと切なくなる「組み合わせ」があります。

 

「塔」

「ソードの3」

 

この2枚が、仲良く並んで出た時には、「もう無理です」と言っているのです。

 

 

「塔」のカードは「崩壊」

「ソードの3」は「傷だらけ」

 

例えば、仕事のご相談だったら、「年休をとって、温泉でゆっくり骨休みしましょう」

彼との関係のご相談だったら、「お友達と、女子旅に行って、日常を忘れてみましょう」

 

こんな感じでお話をします。

 

それは、「積極的な逃避行」のススメ。

 

 

少し離れて「俯瞰」してみると、「悩み」と「自分」の間に「風」が吹き、新し自分の「目」で、観察することができます。

 

決めるのは、その次に。

ネガティブな気持ちでの決断は、ネガティブな方向を向いたベクトルが導くもの。

 

決断は、ネガティブな時には「保留」して、ベクトルの向きが変わってからする。

「ネガティブ」からは「ネガティブ」しか生まれません。

 

 

そんな時に、おすすめしているのは、「ノートに書く」こと。

 

書くものは、何でも構いません。

今日あった出来事、よかったこと、楽しかったこと、ポジティブなことでも良いですが、嫌だったこと、悔しかったこと、残念だったこと、そんなことでも大丈夫です。

とりあえず、気の向くままに、気の済むように。

自分の「思い」を書き出します。

 

簡単なように感じますが、「落ちている時」は、何も書けません。

 

「書く」ことは、まず、頭にイメージを浮かべ、それを具体的に整理して、脳から手に指令を送り、筋道の通った文章として書き出します。その行程の一つ一つを行って、「書く」が成立するのです。

 

なので、エネルギーが「枯渇」してしまった時には、一文字すら書くことができません。

 

 

ただ、そこで諦めてしまわないで欲しいのです。

 

書き出すことができなくても、頭では一生懸命にイメージを浮かべています。

 

イメージを浮かべながら、「嫌」なことと向き合っています。

「嫌」なことを「嫌」と思ってはいけないと、自分の心をなだめて我慢させてきたから、心が「枯渇」してしまったのです。

 

嫌いな人は嫌い

嫌なことは嫌

やりたくないことはやりたくない

 

しっかりと向き合ってみると、だんだん深く観察できるよになって

嫌いな人は私にとって必要な人?

嫌なことを嫌って言ってみたらどうなる?

やりたくないことをやらなかったら誰が困る?

 

全ての「気」は巡っています。

自分の気持ちも巡ります。

 

感情で「マイナス」に向き合うと、感情での「解決」を求めようとしますが、冷静に観察し「マイナス」に向き合うことは「分析」をすることです。

 

「プラス」は感情で味わう

「マイナス」は感情抜きで分析する

 

少しづづ「気」が巡り始まると、ノートにあれこれ書けるようになっています。

 

ノートにあれこれ書けるようになった時、自分らしく「決断」ができるようになっています。

 

 

全ての「気」は「木」「火」「土」「金」「水」の五つに分類をされます。

 

「気」は「気持ち」も宿しています。

 

「火」は「喜ぶ」

「金」は「分析する」

 

「プラス」には「火」を。そうすると、ますます「プラス」が明るく輝きます。

「マイナス」には「金」を。そうすると、不要な部分は「金」の鋭い分析で、切り取ってくれます。

 

「塔」のカードでは、二人の男性が真っ逆さまに落ちている様が描かれています。

燃える「火」のような、真っ赤なマントを羽織った男性は、落ちていく先をしっかりと見据えています。彼は、もしかしたら、自分の目で安全な着地点を見つけることができるかもしれません。

 

「ソードの3」のカードでは、熱い「火」のような心臓は、刺されてもなお、真っ赤な赤を保っています。そして、綺麗なハートの形は少しも崩れていません。

剣が抜けてくれたら、きっとすぐに回復することでしょう。

 

 

この2枚のカードは、「今は無理」かもしれないけど、きっとそのうち、「火」がポジティブな気持ちに点火してくれて、再び「喜び」の気持ちを感じる時がくるよ、と伝えてくれています。

 

だから「逃げる」ことも「積極的な判断」です。

 

ノートに書く作業は、「筆記開示」と言われ、心理療法の一つです。

自分の心に向き合うことは、とても「重労働」です。

だから、決して無理はしないでください。

書けない時は、書くための心の準備ができていません。

一日5分、ノートに向き合って、書けなかったらノートを閉じましょう。そして、決して焦らないこと。ノートを開けただけでも、ペンを手に取っただけでも、実は大きな進歩なのです。

 

 

心は、とても繊細で、大きな大きな自分です。

だから、自分でしっかりと、大切に守りましょう。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。