読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

タロットカードは何故当たるのか:タロットカードの私の解釈

ブログ

「タロットカードは怖い。」

と、良く言われます。

 

「死神」「悪魔」など

いかにもこの世が終わってしまうかのような、全てを失っしまうかのような世界が描かれたカードがあるからかもしれません。

 

「タロットカードは当たる」

これも良く言われます。

 

お客様の中には、10年以上前に鑑定を受けて忘れられないカードがあり、その後、カードのメッセージ通りのことが起きたとお話ししてくださる方もおられます。

 

実は、そのカードが、なぜか鑑定の時に再び出ることがあり

「やっぱり、前にも同じカードが出たのよ。」

とびっくりされます。

 

タロットカードには様々な種類がありますが、私はウエイト版のカードを使っています。

理由は

「絵が好きだから」

単純な理由ですが、好きなカードでないと、楽しくないから。

 

なので、ご自身でカードを選ぶ時には、「好き」なカードを選ぶのが一番良いと思います。

 

 

一枚のカードには、「物語」があります。

 

始まりがあり

試練が来て

試練を乗り越えて

結果を掴む

 

始まりは、これから始まる期待感が広がり、先の見えない不安に押しつぶされそうになります

 

試練は、傷を負った敗北感と、それでもやり遂げたい使命感が本物かどうか試されます

 

試練を乗り越える時は、周囲のあたたかい応援があり、自分の中から湧き上がる信じられないくらいの強い力が溢れ出ます。

 

そして結果をつかんだ瞬間、満足感でいっぱいになりますが

それと同時に、つかんだものがほころび始める予感が胸をよぎり始めます。

 

どのカードも、「良い」「悪い」ではありません。

「怖い」カードもなければ、「幸せ」なカードもありません。

 

物語のどこに、自分が目を向けるか

 

カードリーディングは、見えない自分の気持ちを、カードの絵の中に見つけて「見る」作業です。

 

 

ポジティブ心理学では、「ネガティブなものを知ることが、ポジティブな行動をとる動機づけになる」と言われています。(「成功が約束される選択の法則」 ショーン・エイカー著 徳間書店)

 

カードの物語を読むことで、自分の今の状況と気持ちを確認し、戦うべき敵のイメージを客観視し、敵との戦い方を分析し、どんな結果を掴みたいのか、本当に掴む必要があるのかを自分の物語として作り上げることができます。

 

 

煮詰まってしまった状況は、視野が狭くなって動けなくなっている時です。

タロットカードは、自分の物語を俯瞰してみることができるアイテムです。

 

俯瞰してみるから気付くことができます。

 

気付くことから、全てが動き始めます。

 

だから、タロットカードは当たるのだと思います。

 

 

ちなみに、「忘れられないカード」「気になるから忘れないカード」です。

私のカードリーディングは78枚のカードから21枚のカードをめくって行います。

同じカードが出る確率は3分の1くらいあります。

なので、実は、けっこうな確率で「同じカード」が出るんですよ。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。