読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「初心」に戻れた日:「緊張」と「不安」の波を乗りこなす:「占い」を仕事にする

ブログ

 

「ご無沙汰しています。鑑定をしてもらってから、色々と壁を乗り越える事ができて、心機一転、スタートを切ることになりました。」

 

 

それは、本当に嬉しい「報告」でした。

そして、鑑定の時にお渡ししていたメモを、ずっと大切に持っていてくださっていたことも、とっても嬉しくて、「もう少し綺麗な字で書けたらもっと良かったかも」と、走り書きのメモの文字が少し恥ずかしくもあり・・・。「今度からは綺麗に書こう」と、密かな決意をしました。

 

 

壁を乗り越えたのは、自分の力で。

心機一転の決意をしたのは、自分の心が。

スタートの一歩を踏み出したのは、自分の足で。

 

 

だから、「鑑定」は、背中を押したにすぎません。

でも、きっかけの一つになって、お役に立てたのは、本当に嬉しいことです。

 

 

この仕事を本格的に始めて、七年が経ちました。

 

 

充実している反面、やはり「怖さ」があります。それは「人」と関わる仕事をしている方に共通する「怖さ」だと思います。人に関わるということは、人の人生に多少なりとも「影響」を及ぼしていることです。

私と「出会う」ことで、良い方向に進んでいただけるかどうかは、年月が経たないとわからないし、残念ながら、そうではなかったことも、きっとあるはずです。

 

だからこそ、いつも「初心」を忘れずに。毎日「初心者」の気持ちを持ち続けたいと考えています。

 

 

嬉しいご報告をしてくださった、素敵な「笑顔」を見ながら、あらためて、その事を感じました。

 

 

 

仕事が煮詰まってしまった時や、疲れた時に、いつも思い出す「出来事」があります。

 

鑑定士として仕事を始めて3年経ったある日のこと。朝、目がさめると、声が全く出なくなっていたのです。

突然の出来事にびっくりして、すぐに病院に行ったけど、原因は分からず。

 

「喋りすぎて、喉が疲れたのかもしれませんね」

 

という診断を受け、喉の炎症を抑えるために、軽めの抗生剤を処方してもらい「落ち着くまでなるべく喋らないこと」と指導を受け帰宅しました。

 

その日は仕事を休み、一日安静にして過ごし、結局三日間、まともに声がでない日が続きました。

 

 

その頃の私は、毎日のようにお客様とお会いし、毎日のように鑑定をしていました。

様々なご相談を受けながら、その方にとってベストな決断をしてもらいたいを思いながら、「私の思い」を言葉にして、一生懸命お伝えしていました。

笑顔で帰っていかれるお客様を見ながら「この仕事、このまま続けていけたらいいな」と思っていました。

 

 

でも実は、全く逆の気持ちも、私の中で芽生えていたのです。

 

 

「仕事を辞める決意ができました」

「転職しました」

「お引越ししました」

 

 

大きな決断の「報告」を受けるたび

「もしかしたら、私はとんでもないことをしてしまったかもしれない。」

そんな思いが、ふつふつと、湧き上がってくるのです。

人の人生について触れ、心の内側を覗く。

鑑定をする「怖さ」を痛感し、「この仕事をこのまま続けていっても良いのだろうか」と胸が押しつぶされそうな気持ちになっていったのです。

 

 

 

幸いなことに、4日目からは、何事もなかったかのように、喉の調子も良くなり、声も出るようになったため、仕事にも無事復帰することができました。

 

突然「声」が出なくなったのは、今となっては、何が原因かわからないし、きっと、色々な状況が重なってのことだったのだろうと思います。

 

喋りすぎの喉の疲れや、体の疲労、そして、緊張感や、不安感など。積み重なっていき、「そろそろちょっと休憩しよう」とストップがかかったのだと思います。

 

 

声が出なかった3日間、私が何を思っていたのかというと、

実は、何も考えていませんでした。

これからどうなるのかとか、仕事いつまで休まなくてはいけないのかとか、全く考えていなくて、テレビを観たり、本を読んだり。しゃべれないから、しゃべらなくて良いし、ちょっと気が楽になった感じでした。

3日目には、声が出たので、だから、大したことなかったし、「リフレッシュ休暇」みたいに呑気に受け止められたのだとは思っています。

 

 

なるようにしかならないし

きっと、大丈夫

 

 

そして、「声が出たら、すぐに仕事に戻りたいな」と、やっぱりこのまま続けていきたいんだと、自分の気持ちを再確認する事ができました。

そして、少しだけ、自分が「大きく」なれた気がしたのです。

 

 

今でも、毎日「緊張」して仕事をしています。

そして、毎日「不安」になります。

 

 

スクールの前日には、「ちゃんと伝える事ができるかな」と緊張します。

スクールが終わると、「ちゃんと伝える事ができたかな」と不安になります。

 

鑑定の前日には、「しっかりお客様に向き合えるかな」と緊張します。

鑑定が終わると、「しっかりお客様に向き合えたかな」と不安になります。

 

ブログを書くときも、書いた後も、企画を練るときも、練って形にして進み始めてからも、「緊張」と「不安」の繰り返しです。

 

 

そして、その「繰り返し」があるからこそ、少しずつ、ほんの小さな少しかもしれないけど、自分が「大きく」なれていくのだと思います。

 

 

 

大きな決断をされたお客様には、「声が出なくなった事件」の事を、少しだけ「話を盛って」、面白おかしく伝えます。

 

「話を盛る」のは、笑ってもらいたいからです。

 

何かを始めると、必ず「壁」にぶつかります。

何かを始めると、必ず「緊張」と「不安」に押しつぶされそうになります。

 

そんな時に、「声が出なくなった事件」のことを思い出してもらえたら、

 

なるようにしかならないし

きっと大丈夫

 

そんな気持ちになってもらえるかな、なってもらいたいなと思っています。

 

 

そして、「声が出なくなった事件」よりも、もっと笑える「事件」が起こって、それを話せる時には、きっと、とても「大きな」自分になっています。

 

 

今日は本当にありがとうございました。

今までより、もっと大きい「緊張」と「不安」も乗り越えていける気持ちになりました。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。