読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

本日も「満員御礼」ありがとうございます:小野田サンパークコンピューター手相鑑定:占い師は「二人の自分(暦・手相)」を観察しています

ブログ

占い業界にも、「繁忙期」と「閑散期」があります。

 

 

「繁忙期」は、年末から3月まで。

それはそれは忙しくなります。

 

「閑散期」は9月から11月まで。

この時期は、行事も多い時期でもあり、「占い」よりも「レジャー」なのかもしれません。来年のことも、まだちょっと先なので、「占い」から足が遠のきます。

 

 

小野田サンパークコンピューター手相鑑定でも、9月あたりから、少しずつ「余裕」が出てくるのです。

ただし、それは「平日」の話。

土日祭日は、「閑散期」ではありますが、忙しく、たくさんのお客様にお越しいただき、ありがたい限りです。

 

 

特に、今年は、13日にユニクロがオープンし、来月中旬には、ニトリもオープンします。

それに刺激を受けてかどうか、わかりませんが、どのお店も、「バーゲン状態」で、呼び込みの声が飛び交っていて、すでに「秋物」も安くなっています。

 

今日も朝から、お店全体が活気に満ちていて、ワクワクざわざわしていました。

 

コンピューター鑑定も、日中は、行列ができて、お待たせしてしまい申し訳ないとは思いつつ、でも、伝えたい気持ちに負けてしまい、どうしても「マイペース鑑定」を・・・。

それでも、笑顔になっていただけると、良かった!と感じています。

 

 

コンピューター手相鑑定では、まず、両手の手相をコピーします。

そして、お誕生日を伺って、「日柱」を割り出し、それを観ながら鑑定をします。

 

鑑定は短時間で。3分くらいです。(実際はその2倍くらいかも)

「次から次へ」といった感じとなるため、こちらから一方的に喋ります。中にはご質問をされる方もいらっしゃいます。出来る限り、質問にも答えてはいきたいと思いつつ、「情報」が圧倒的に少ないため、あまり深いお話まではできないのです。

 

それでも、「当たる」と言っていただき、中には「何か見えるんですか(霊感とか)?」とびっくりされることもあります。

実は、私は、残念ながら、霊感などの類は全くなく、もしも「見える人」になれたら、もっと「凄いお告げ」をお伝えできるようになるかもしれないと思いつつ、「目に見える」ものだけを頼りに鑑定をしています。

 

手相は、その人の「今の状態」を表しています。

私の場合は、右手は「表面の今」、左手は「内面の今」。

そして、左右の違いから、読み解きます。

例えば、右手、左手ともに、とてもスッキリとした手相の場合は、「やりたいことをやっている」と読みます。

右手には線が出ていなくて、左手に綺麗な線が上がっていると、「今はまだできていないけど、やりたい気持ちはしっかりと持っている」と読むのです。

 

 

「日柱」からは、その人の「タイプ」と、今年の「運気」がわかります。

「タイプ」は、外向きなのか内向きなのか。真っ直ぐに進みたいのか、準備をして進みたいのか。行動パターンや、はまる「ツボ」がわかります。これは60パターンあり、それぞれのイメージから、「あだ名」をつけています。

例えば、干支番号1「甲子」の人は、「キラキラ思春期の中学生」です。

 

そして、巡る「運気」は、上がるか下がるかの二つのパターンです。

上がり方や下がり方は、全部で10パターンあります。

 

それらを総合して、読み解いているのです。

 

何を基準にして、具体的に読みとるのかと言うと、それは、私が感じる「違和感」です。

 

手相は、その人の「今」を教えてくれます。

なので、その人のタイプを示す線だったり、運気を示す線だったりが出るのです。と言うか、出ているはず、なのです。

でも、大抵は、そこには「ギャップ」が必ずあります。

 

そんなにガツガツ線が上がる人、上がる時ではないのに、すごく荒々しく線が出ている場合は、「無理にやななくてはいけない状態」です。だから、結構大変。

本人は、やりたくないのに、でも、やらないといけない「何か」があります。

 

また、「勝負に出る時」なのに、横に線がたくさん出ている時は、「できない理由」に振り回されているのです。

勇気がないのか、覚悟が決まらないのか。

 

 

なので、「〇〇線があるから金運が良い」とか、「〇〇線がないから結婚できない」とか、そんな感じでは観ていません。

 

 

手相はどんどん変わるので、「今」なくても、これから出てくる可能性はあるし、逆に、今、良い線が上がっていたとしても、それにかまけて何もしなければ、いずれ消えてしまうこともあります。

 

 

「暦」とが示す「理想の今」(これは私が想像した景色)

ご本人の「手相」が示す「現実の今」

その二つをすり合わせ、出来るだけ「理想の今」に近くなるように、お話をさせていただいているのです。

 

 

私が感じる「違和感」は、「理想の今」と「現実の今」とのギャップです。

 

 

物事は、比較するものがあってこそ、判断ができます。

 

 

なので、常日頃から、「なりたい自分」と「今の自分」を俯瞰して比べる「視点」を持つと、乗り越える「課題」や、そのための「準備」が見えてくると思います。

 

 

<二人の自分を俯瞰して観ているイメージ図>

 

ちっちゃい子が「理想の自分」

大きい子が「現実の自分」

 

ちっちゃい子は、希望に満ちたキラキラした目で、上を見上げてます。そこには、「不安」や「迷い」はありません。

大っきい子は、その姿を楽しそうに観察します。

いつも温かい目で見守っています。

失敗しても「大丈夫、大丈夫」と言って見守り続けます。

 

だから、ちっちゃい子は、ずっと上を見上げ、上を見続けることができます。

だから、大っきい子は、自分には見上げてもまだ何も見えないけど、きっと、この先には、素敵な世界があるんだろうなと、想像することができます。

 

 

希望がしぼんでしまったら、ちっちゃい子は、上を見れなくて、下を向いてしまいます。それは、ちっちゃい子が、「敵」に攻撃を受けたとき。

そんな時は、大っきい子の出番です。

目の前の「敵(課題)」をやっつけて、ちっちゃい子を守ってあげる。

 

 

大っきい子が下を向いてしまった時。それは「今」があまりにも辛く苦しい時です。

そんな時な、ちっちゃい子の出番です。

「目の前の世界が全てじゃないよ。僕には、遠くにキラキラしてる世界が見えるよ。」そんな感じで声をかけます。

 

 

 

こんな感じで、「二人の自分」をイメージすると、ちょっと楽しくなってきます。そして、二人の「距離」が近づけます。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。