読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

全ての感情を味わうことは、全ての「気」を感じること:小野田サンパーク:ハロウイン

ブログ

今月は、小野田サンパークに来ると、ドキドキできます。

 

それはなぜかと言うと、オバケがたくさんいるからです。

 

 

10月1日から、山陽小野田市内の子供達が、カボチャの色の紙コップに、心を込めて描いた、たくさんの「オバケ」たちが勢ぞろいしています。

 

コップの数は、何個か忘れてしまいましたが、「飾り付けに朝までかかった」と、担当者が言っているほど、たくさんあります。

 

どれもみんな個性的で、力作で、一生懸命描いている子供達の顔が顔が浮かんできます。

 

 

 

ハロウインとは、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊たちを追い出すためのお祭りだそうですが、日本では、可愛らしいオバケの仮装したり、「お菓子をくれないと意地悪するぞ」と、子供達がオバケに仮装をして、お菓子をもらったり、そんな楽しいイベントになっています。

 

 

どのオバケたちも、可愛らしい笑顔で

 

 

 

個性的なオバケたち

 

 

 

この子には、山ほどお菓子をあげたい

 

その横では、コップの裏まで描くこだわりのツワモノが

 

 

 

きっと、時間をかけて、描いたんだろうな

 

その横では、究極のシンプル・スマイル

 

 

 

迫力満点

これは怖い!

 

 

夢がいっぱいの世界

 

日本の妖怪も負けてはいません

 

 

全てのものは「木・火・土・金・水」の五つの気で構成されています。

感情にも「気」が宿っているのです。

 

 

「木」は「怒」

「火」は「喜」

「土」は「憂」

「金」は「悲」

「水」は「恐」

 

 

これらの感情を見ていると、「あれ?」と気がつくことがあります。

それは、「火」以外の感情は、全て「ネガティブ」として感じる感情なのです。

 

人はこれらの感情を、バランスよく感じることで、感情のバランス、つまり心の安定を保つことができます。

 

 

例えば、小さな子供達が、戦闘ヒーローにハマるのは、ストーリーの中で、この全ての感情を味わうことができるからです。

怖い幽霊が出てくる映画や、涙が止まらなくなるほど辛く悲しい映画を観るもの、「悲」「恐」を感じたいと、心が思っているからです。

 

疑似体験であったとしても、「心」は実際の体験との区別ができないため、どちらでも同じ「感情」です。

 

 

嫌なことがあって、それでも嫌だと思わないように、なんとか良いところを探してみたり、辛いことがあって、それでも「それはチャンスだから」とテンションを上げて乗り越えようとすることは、「気」を常に「陽」に傾けていることになります。

 

陰陽は常にバランスを取ろうとして、シーソーみたいに動いています。

なので、「陽」に思いっきり傾けてしまうと、その反動で、クルっと「陰」が顔を出して、たちまち「陰」が我が物顔で、のさばります。

 

 

 

「ポジティブ」も大切ですが、「ネガティブ」も、同じくらい大切です。

 

 

怒りたい時は、思いっきり怒る

悲しい時は、思いっきり泣く

辛い時は、思いっきり落ち込む

 

 

嫌いな人は、やっぱり苦手だなとか、嫌なことを言われたら、やっぱり嫌だなとか、自分が悪いんじゃないかと考えるのは、しっかり「ネガティブ」な感情を味わってから。飽きるほど味わってみると、陰と陽がクルッと入れ替わって、「あれ?これってもしかして、良いところ?」と、視点を変えて見ることができたり、「まあ良いか」と許してあげたくなったりするかもしれません。

 

 

とても不安で心配で、どうしようと思っていても、何とか上手く事が運んでくれた時、「なんてラッキー!私は運が良い!」と思いっきり「ポジティブ」な気持ちになれます。

 

 

怖いオバケたちに脅かされて、びっくりしても、ママが優しくギュッと抱きしめてくれたら、守られている幸せを感じます。

 

 

ネガティブの感情があるからこそ、人は、ポジティブに幸せを感じる事ができるのです。

 

 

小野田サンパークにお越しいただくと、「幸せ」になりますよ。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。