読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「気」を意識することは、体調管理にも「お得」なのです。:「冬」のおすすめの過ごし方:五つの気「木・火・土・金・水」の特徴

ブログ

世界最古の医学書とも言われる「黄帝内経」によると、「自然界の現象であろうとも、人体であろうとも、陽に偏り過ぎたり、陰に偏り過ぎてはいけない。陰陽のバランスの崩れが病となる。すなわち陰陽のバランスを整えることが養生である」と述べられてます。

 

 

「陽」が優勢の状態とは、やる気が出て行動的になります。

ポジティブであり、エネルギッシュ。

だから「良い感じ」に物事に取り組めて、結果に繋がりやすいです。

でも、これが行き過ぎると、攻撃的になり、ハードワーカーとなり、疲れていても、「疲れを感じない」状態となってしまうのです。

 

全てのものは「進化」のサイクルを辿っています。

 

「陽」が行きすぎると、進化のサイクルを、必要以上に速めてしまいます。これは、ハムスターが回し車を高速回転でクルクル回している感じです。

少しでも歯車が狂ってしまうと、空回り状態になって大変・・・。

 

 

一方で、「陰」が優勢になると、ゆっくりと落ち着いて行動できます。

クールであり、理性的に考えることができます。

だから、「じっくり」と計画を立て、コツコツと取り組めます。

でも、これが行き過ぎると、くよくよ悩んで、落ち込んでしまって、自信までなくなってしまいます。

 

「陰」が行き過ぎると、進化のサイクルを止めてしまって、固まってしまうのです。

 

重たい荷物を両手に抱え、おまけにリュックサックまで背負って、下を向いてとぼとぼ歩いている感じです。

辛いし、悲しい・・・。

 

 

今の自分が、どちらに傾いているのか、「ハムスター」なのか「とぼとぼ」なのかで感じてみると分かりやすいと思います。

 

 

基本的には、自分が辛いと思っていなければ、そのままで進みましょう。

 

何かを動かす時、何か成し遂げたいことや、変化させたい時には、「偏った」状態でいなくては、「加速」しません。

 

 

バランスをとるのは、「安定」することでもあるので、「現状維持」の場合のみおすすめです。

 

 

上手くいかない時や、辛い時、苦しい時には、たいてい「逆」または、適切でない方向に偏っています。

 

そんな時には「逆」を意識すると、偏りが修正されて、スムーズに「気」が流れ始めます。

 

 

例えば、落ち込んだ時には、窓を開けて、太陽の光を浴びる。気持ちが高ぶっている時には、静かで薄暗い空間で過ごしてみる。など。

少し意識をするだけでも、気持ちが楽になり、効果を感じられるはずです。

 

 

「気」には「木・火・土・金・水」の五つの種類があります。

全てのものは、この五つの特徴を、単体で、または複合的に持っています。

 

人の体の「パーツ」も、これら五つの「気」を宿しています。

「なんだか、少し、調子が悪いな」と感じる時は、気が「失調」している時です。

 

 

「木」の気が失調している時

イライラして、カリカリして、つい余計な一言が出てしまう。

気持ちは焦るけど、決断ができない。

こんな感じになってしまいます。

そんな時には

いつもの食事に、薬味をたっぷり添えてみる。

季節の花を楽しみながら、ゆっくり散歩をする。

会いたい人に会いに行く。

そうすると、「まあ良いか」と、穏やかな気持ちになれますよ。

 

 

「火」の気が失調している時

夜中に何度も目が覚めてしまう。

つい、人の行動が気になって、自分の思い通りになって欲しいと、口うるさくなってしまいます。

そんな時には

コーヒーの香りを楽しみながら飲む。

肩甲骨周りのストレッチをしたり、思いっきり背伸びをする。

ラーメンの汁は残す。

そうすると、「まあ良いか」と、クールダウンできます。

 

 

「土」の気が失調している時

食欲がなくて、いつもお腹が張っている感じがする。

妙に頑固になって、同じことばかり考えてしまい、気持ちが動かなくなってしまいます。

そんな時には

食物繊維いっぱいの、根菜類を食べる。

少し汗ばむ程度まで、筋トレをする。

そうすると、「まあ良いか」と気持ちが軽くなってきます。

 

 

 

「金」の気が失調している時

イエスなのかノーなのか、はっきりないと気が済まず、答えにこだわり過ぎてしまう。

ちょっとでもダラダラしようものなら、「ちょっと、速くしてくれませんか」と後ろから突きたくなってしまいます。

そんな時には

気分転換に一人でドライブする。

ウインドーショッピングを楽しむ。

お部屋を、好きなアロマの香りでいっぱいにしてみる。

そうすると、「まあ良いか」と気持ちがウキウキしてきます。

 

 

「水」の気が失調している時

足のむくみが気になって、下半身が重だるく感じます。

今まで頑張ってきた事を、急に投げ出したくなってしまうかもしれません。

そんな時には

心地よい音楽を聴く。

肌触りの良い天然素材の衣類を見に纏う。

いつものおかずに、黒ごまをふりかける。

そうすると、「まあ良いか」と気持ちがほっこりしてきます。

 

 

 

暦の季節は「冬」です。

冬は「水」の気をたっぷりと、みんなに持ってきます。

 

「水」の気は、これから芽吹く「新しい種」に、優しくエネルギーを与えてくれます。

 

冷え性対策をしっかりとして、ぬるめのお湯にゆったりと浸かって入浴をする。そして、質の良い睡眠にこだわってみる。

そんな感じで過ごしていると、「春」には、きっと、可愛らしいけどちょっとやんちゃで、でも憎めない、そんな「新しい芽」が、ひょっこりと顔を出してくれるはずです。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。