読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

明日から季節が「冬」に変わります:「立冬」:暦を意識して行動してみると「季節の気」が応援してくれます。

ブログ

2019年11月8日は「立冬」

明日から、暦では「冬」になります。

 

 

一年を24に分けた「二十四節気」の19番目に当たる季節を「立冬」と言い、「冬の兆しを感じる日」として、暦上では明日から「冬」の区分に切り替わるのです。

また、次の二十四節気である「小雪(しょうせつ)」の、前日である11月21日までの期間を「立冬の期間」といわれています。

 

 

 

暦は中国で誕生しました。

なので日本の季節と若干の「ずれ」が生じてしまいます。

日本では、体感的には「秋」の気候ではありますが、そろそろ「冬」を感じて準備をするのは「先取り」でもあるので、しっかりと待ち構えて「冬」の気候を受け取ることができます。

 

いわゆる「運がいい人」は、少しだけ先を意識して行動する人ということからも、暦を意識して行動することは、「運がいい人」なるサポートをしてくれることでもあるんじゃないかなと思っています。

 

 

古代中国思想では、巡る季節について

 

春は生じる

夏は長じる

秋は収める

冬は蔵める

このように説いています。

 

 

春は、命の芽が芽吹き、様々なものが伸び始めます。とにかく伸びる。出発する。など。外に向かって動き始めるのです。

 

夏は、伸びた芽がどんどん大きくなっていきます。とにかく伸びる。発展して強くなり、活発に広がります。

 

秋は、大きくなりすぎたもの、過剰になりすぎたものが不具合を生じ始めます。なので、要らないものは捨て、必要なものを選別します。

 

そして、冬は、大切なものだけを、ひっそりと隠したり、守ったりするのです。内向きに動きます。

 

「気」は、どんな感じになるのかいうと

 

寒いと「気」は収縮し

熱いと「気」は外に洩れます。

 

 

なので、「冬の気」は

大切なものをギュッと握り締め、大切なものと向き合って、大切なものが、次に来る春にいったいどんな素敵な「芽」を出すんだろうと、楽しみにしながら、自分の中でゆっくりと、じっくりと温める。

 

決して華やかではないけど、大事な時期です。

卵を温める「母鳥」みたいな感じです。

 

 

情報のネットワークが、まるで蜘蛛の巣のように広がっている今、一度漏れ出した「情報」は、際限なく駆け巡り、どんどん勝手に「成長」していきます。

 

準備がしっかりできていなかったり、覚悟ができていなかったり、そんな状態だったとしても、漏れ出した「情報」は、留めることはできません。そして外に出た「情報」は「憶測」と一緒になっていき、「憶測」が「憶測」を引き寄せて、どんどん大きくなっていきます。

 

 

明日から「冬」

 

これから大きくしていきたい「秘密」を、ひっそりと隠して、「水面下で準備」することに意識を向けてみる。

 

「冬の気」が、強い味方になってくれて、節分が開ける頃、来年の「課題」が「準備万端!さあ、行こうよ!」と元気な産声を上げて、そして、春には、生き生きとした「芽」が芽吹くはずです。

 

 

ちなみに、「三首(首・手首・足首)」が冷えると老けるんです!

それは栄養を全身に運んでくれる「血」の巡りが、冷えると悪くなってしまうからです。

 

 

明日からは、そろそろストールやマフラー、アームバンドや手袋、ブーツやレッグウォーマーの出番です。

温かアイテムを活用して、「冬のお洒落」を楽しみたいですね。

 

 

「冬」は

・水面下で

・温める

この二つがポイントです。

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。