読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

2020年「庚子」:キラキラ「わたし」が手を挙げる:四柱推命・六十干支「庚子」の解釈

ブログ

一年ごとに切り替わる「年の暦」は、毎年節分の日に変わります。

 

「暦」は二階建構造になっていて、上の階は「干支」が、そして、下の階は「十二支」です。

 

「干支」は全部で10 個あります。

 

甲(木・陽)乙(木・陰)丙(火・陽)丁(火・陰)戊(土・陽)己(土・陰)→庚(金・陽)→辛(金・陰)→壬(水・陽)癸(水・陰)

 

この順番通りに巡っています。

順番は、「成長」のサイクルです。

木が火を生み、育った火が土を生み、育った土が金を生み、育った金が水を生み、育った水が木を生み育てます。

「木・火・土・金・水」を五行と言い、全てのものは、この五行の中に分類されると、東洋思想では捉えています。

 

10個の干支を「十干支」とよび、この十干支は、「事象が行く様」、つまり、物事が進んで行く様子を「象徴」しています。

 

 

 

十二支は全部で12個あり、十二支もまた、五行と陰陽でグループに分けることができます。

十二支は、見えない「気」のイメージを示しています。例えば、季節、時間、方角、そして「思い」など。想像の世界です。

 

木・・・寅(陽) 卯(陰)

火・・・巳(陰) 午(陽)

土・・・辰(陽) 未(陰) 戌(陽) 丑(陰)

金・・・申(陽) 酉(陰)

水・・・亥(陰) 子(陽)

 

十干支と十二支の組み合わせは60通りあり、それらが順番にやってくるのです。

60通りの干支十二支を「六十干支」と言います。

 

 

2020年は「庚子」の出番。

庚は「金・陽」

子は「水・陽」

 

「庚」のイメージは、荒削りの刀、とても硬い鉄の塊。ずっしりと重たく存在感もありありです。

「わたし」と「わたし以外」との間には、とてもはっきりとした境界線を引き、不届きものがついうっかりとその境界線を越えようものならば、「ちょっと、困るんですけど。ここ、うちの敷地です!」とバシッと言い切って、一歩たりとも入れません。

正義感が強く、「世のため人のため」だったら、強い敵にも果敢に戦いを挑みます。

 

「子」は「水が最も旺盛」です。

「子」は十二支の一番手です。水は高いところから低いところに流れます。止まることはありません。少しでも低いところがあったなら、迷わずそのまま流れていきます。それはとても「冷たい水」で、どんどん「下」に向かいます。

「下」とは、「自分の心の奥底」。

水には境界線がありません。ある意味「オールオッケイ」です。

水はどんな器にも入る様に、「形」を変えることができます。

ただしそれは、「器」の中に収まり切れている場合のみ。

一度、その容量を超えてしまったら、「濁流」となって、「今までの全て」を流し去ってしまうほど、ある瞬間にとても強い力を見せつけて、周囲を驚かせるのです。

だから、不用意に怒らせてしまったら、ちょっと怖いかもしれません。

 

 

「六十干支」を深く読み解く時には、その二つの関係性を見ていきます。

「庚・金」と「子・水」は

「庚・金」が「子・水」に向かって、力を注いでいき、「子・水」が大きく育っていく組み合わせです。

 

「金」が「金」らしく、「わたしです!」と言えなくて、境界線を引けなくて、我慢を強いられたとしたら、我慢の気持ちが、「水」をどんどん育てていき、ある小さな一言で、「もうやってられない!」と、水が溢れて「濁流」となってしまうかもしれません。

でも逆に、「わたしです!」と言えたなら、清らかな水が溢れかえって、「今まで」を押し流すこともできます。

 

 

「金」は「土」のお母さんに育ててもらって大人になります。

生まれたばかりの「金」には、「土汚れ」がたくさん着いていて、本来の持ち味である「シャープさ」が濁っています。

「水」はそれを綺麗に洗ってくれる頼もしい存在です。

 

「庚子」のイメージは、拭えなかった汚れを、自ら汲んできた水で洗い落とす。

そうすることで、本来の自分の輝きが、やっと目覚める。そしてそれを、外に向かって「形」として披露する。

 

そんな、「キラキラ」した年になると思います。

 

 

その年のイメージを、深く読み解くには、「60年前はどんな年?」だったのか調べてみると参考になります。

 

2020年の60年前は、1960年です。

 

1960年はどんな事があったのかというと

まず、海外では

・植民地だったアフリカの17カ国が一斉に独立宣言を果たした。

 (アフリカの年と言われています)

・ジョン・F・ケネディがアメリカ合衆国大統領選挙に出馬。

日本では

・カラーテレビ本放送が開始(NHK)

 

先はどうなるかわからないけど、みんな「はい!わたし、行きます!」と手をあげた年です。

獲得するには、みんな陰で、たくさんの「汗」と「涙」を流しました。そして、その「水」が「土」を洗い流してくれて、キラキラの「金」が産声をあげました。

 

 

どれだけたくさんの、清々しい「汗」を流すのか

どれだけたくさんの、「悔し涙」や「嬉し涙」を流すのか

 

 

2020年は、きっと「たくさん流した人」がキラキラする年になると思います。

 

 

2020年をもう少し細かくイメージしてみると。

 

2月「戊(土陽)寅(木陽)」・3月「己(土陰)卯(木陰)」

水面下で準備していた事が、ウズウズ動き始めます。

 

4月「庚(金陽)辰(土陽)」・5月「辛(金陰)巳(火陰)」

土だらけだけど、でも「わたし」が晴れやかな顔を出します。

 

6月「壬(水陽)午(火陽)」・7月「癸(水陰)未(土陰)」

ドヤ顔の「わたし」。たくさんの「汗」と「涙」があふれます。

 

8月「甲(木陽)申(金陽)」・9月「乙(木陰)酉(金陰)」

周囲の応援がありがたい。「わたしの形」を意識して進みます。

 

10 月「丙(火陽)戌(土陽)」・11月「丁(火陰)亥(水陰)」

いい加減だと、ボロが出始める・・・そんな時は早めに軌道修正を。

 

12月「戊(土陽)子(水陽)」・1月「己(土陰)丑(土陰)」

一年を振り返り、しっかりと自分の立ち位置を固めます。

 

こんな「流れ」です。

 

「潮目」が変わるのは8月お盆の頃です。

この頃には、きっとたくさんの「キラキラドヤ顔のわたし」が、思いっきり手を挙げています。

 

 

「気」は意識をしたところに集まります。

「金」の気を味方につける方法は、「呼吸」にこだわる事。

 

「金」は、「肺」と仲良しです。だから「肺」を喜ばせてあげると「金」も嬉しいのです。

また、「金」は楽しい事や嬉しくなる事が大好き。それからいい香りも好きです。

「金」は乾燥する「気」でもあります。

 

香の良いハーブティーを楽しむ

 

ハーブの香りをいっぱい吸い込んで、ゆっくりとお茶を楽しむ時間が、きっと、「キラキラのわたし」になる応援をしてくれます。

 

 

写真は「レモングラス」です。

やなぎだ化粧品店では、お買い物をしていただいたお客様に収穫したレモングラスをプレゼントしています。

たくさん収穫したからと、わたしもいただきました。

今、講座を受けていただいた方や鑑定を受けてくださった方に、プレゼントしています。

 

 

運気の流れを上手に活用するためには、「3ヶ月先」を意識する事が大切です。

「3ヶ月先」をイメージして、「今」出来ることをやる。

 

来年「立春」の準備を、そろそろ始めましょう。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。