読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「結果」を出す人は「結果」にはこだわっていません:「結果」を出すコツ

ブログ

「運の良い人は、行動する人」

「成功者は、トライアンドエラーの人」

 

そんな言葉は、運気の上がり下がりに興味のない人でも、聞いた事があるほど、とても「有名」な定説です。

 

「運気」も「気」感じ

 

「気」とは

見えないものであり

動いているものであり

だから、掴みどころがないもの。

でも、この人は「掴んでる!」とか「持ってる!」と言いたくなるほど、いつもラッキーな出来事に遭遇するように見える人がいるのは確か。だから、何か「秘策」があるはず・・・。

 

で、結局、行き着いた「解答」が

行動

トライアンドエラー

 

統計データーがあるわけではなく、根拠があるかと言われると、「ただなんとなく・・・」としか言えないのですが、

 

でも、確かに。

「行動」と「トライアンドエラー」無くして「結果」は付いてこないし、「結果」が出るまで、繰り返し挑戦するから、「結果」にたどり着く。「結果」にたどり着くまでやるから、「結果」に到着する。

突き詰めてみると、当然と言えるのかもしれません。

 

 

 

「結果」とは何か。

 

それは、「わたし」と「わたし以外」がぶつかり合って、そこから生み出される「景色」です。

 

全ては「気」で構成されています。

「わたしの気」は、動くことによって、「周囲の気」と摩擦が生じます。その「熱量」だったり「圧力」が「結果」として、感じる「景色」です。

なので、「結果」も「気」であり、それは、見えるものではなく、流れていて、掴みどころがないものです。

 

「結果」は出すものではなく、動いたことにより、たまたま生まれた「現象」の一つでしかなく、なので、「結果」にこだわりすぎると「執着」となり、それは「わたしの気」となってしまいます。

なので、生じた「結果」は、掴みたい「結果」とは、違うものとなり、「執着」から生じる「焦り」「不安」が大きくなってしまいます。

 

なので、相談を受ける中で、「悲壮感」を感じた時には

「今は無理だな・・・。」と思います。

そんな時には、

「今、観たい映画ありますか?」

「お休みの日は何されてますか?

「時間があったらやりたいことはないですか?」

と、話を切り返します。

 

そんな時、ちょっと不思議そうな顔をされることもあるのですが、ちゃんと「理由」があるんです。

 

上手くいかない時は

「わたし」がいっぱいっぱいになってしまったから。

 

だから、「わたし」のガス抜きが必要です。

 

それは、いっぱいいっぱいの「わたし」は、「気」を消耗しても、枯渇しても、それでも頑張っているのです。「わたしの気」が今にもなくなりそう・・・。それでは「わたし以外」に勝ち目はありません。

どうしてそうなってしまったのかと言うと、それは、「戦う相手」が違うか、または「戦い方」が違うから。

広い視野で、もう一度確認をして、「仕切り直す時期」なのです。

ガソリンを補充して、壊れたところを修理して、走る道を確認して、そこで、やっと、出発できます。

 

 

「上手くいっている人」は、どんな状況でも、「何とかなるかも」と、呑気に言います。そして、なんだか楽しそうにさえ見えることも。

それは、ゲームで、とても強い敵に向かっている時のように、時間を忘れて、「戦うこと」に集中している感じです。頭の中は、「勝利」ではなく、「戦い」そのものでいっぱいです。

 

「結果」は、「わたし」と「わたし以外」がぶつかり合うことで「化学反応」が起き、たまたま出来た「気の集合体」です。

 

 

「戦い」を楽しむには、両者の力関係のバランスが大事。

あまりにも簡単に攻略できるとつまらないし、あまりにも強すぎる相手ではやられっぱなしだし。

今の自分が、「ちょっと頑張ったら何とか行けそう」と感じるくらいの「相手」がおすすめです。

 

 

 

運気が低迷して煮詰まっているな・・・

 

そんな時も、やはり、いつもの「結果」しか出ていなくて、飽きてしまった状態です。

いわゆる「人生の転換期」と言われる時も、こんな風に感じます。

いつも同じ「敵」としか戦っていないから、「気が済んで」しまったのです。

 

そんな時には、「いつも」を少しだけ変えてみると良いのです。

 

いつもと違うカフェに行ってみる。

いつもと違うお店でランチをしてみる。

いつもと違う道を歩いて会社に行ってみる。

などなど。

 

「わたし」が触れる「わたし以外」がいつもと違うと、化学反応も違います。そこから生み出される「結果」が、自動的に違ってきます。

 

最初は小さな一歩でも、ちょっとだけ「方向」が違っていたら、いづれ大きな差となって、「別の場所」に繋がります。

 

「結果」とは、たまたま出現した「景色」です。

だから、「結果」が出ないからと言って、落ち込んだり、自分の力の無さを感じてしまうことは、全く無意味なこと。

 

だから、「わたしの気」が枯渇しないやり方で、「わたし以外」にたくさん合ってみてください。

 

そして、「たまたま遭遇した景色」こそ、次へ扉を開ける「鍵」です。

 

 

劇的に変化をもたらしてくれる「わたし以外」は、「引越し」です。

 

「居場所」から受ける「気」は、いつも受けているので、影響がとても大きいからです。

 

 

その次は、「人との関係」

「人」は「縁」という形で、「運」を持ってきてくれます。

 

「成功者」と言われる人は、「人」に対してとても敏感で、とても大切にされています。

なので、人と人をつなぐ「紹介」が大好きです。

 

「人」と「人」が出会うと、素敵な化学反応が起きて、それは「人」から「人」へとどんどん広がっていきます。

 

 

 

生年月日を九つの星(九星)に分類し、そこから割り出される干支と五行の組み合わせから「運勢」を読み解く「九星気学」では、2020年は「七赤金星が中宮」に入ります。

つまり、来年は「七赤金星」の年。

 

「七赤金星」は「金」、精錬された金属を表しています。

キーワードは、明るい、綺麗、楽しい、社交的、遊ぶ、キラキラ。

 

 

「わたし」と「わたし以外」との出会いは、きっと、キラキラしたものになると思います。

 

 

<12月13日イベントのお知らせ>

13時30分からの部は、お陰様で満席になりました。

ありがとうございます。

18時からの部は、まだ残席があります。

 

グループセッションでは「人」と「人」の出会いを。

個人セッションでは「金」のキーワードでもある「呼吸」を。

 

素敵な化学反応が広がるお手伝いをしたいと思っています。

 

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

イベント詳細はこちらをご覧ください。☆☆☆

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。