読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

タロットカードには「物語」があります。タロットカードリーディングとは「物語」を繋ぎ合わせていく「作業」なのです:「死神」「ワンド・8」

ブログ

 

タロットカードは、なぜ良く当たると言われるのかと言うと

 

「当たるように言う」からです。

 

それは決して「誘導尋問」のような感じではなく

カードの中に「自分の本音」を見つける事ができるからです。

 

 

一枚一枚のカードの中には、「物語」があります。

その「物語」の中のキーワードを見つけていき、そのキーワードを繋いでいって、「あなたの物語」を作っていきます。

なので、「このカードが出たから〇〇になる」とか「悪いカードが出たから無理なんだ・・・」と、単発的な解釈していては、カードリーディングとは言えず、それはただ単に、一枚ずつのカードの意味を「羅列」しているにすぎません。

 

タロットカードは、可能性は無限大に広がっているよ、と言っています。

「意味の羅列」は「形」を作る作業でしかないので、無限大に広がっていきません。

 

その可能性を、「個人的」であり「具体的」な物語として、お客様が作り上げるための情報提供とサポートをするのが、鑑定士の仕事です。

 

 

なので、「当たる」と言うよりは、今の状況を把握し、「自分の本音」を確認してもらう事。そして「未来の自分」と「今の自分」が向き合って、自分自身で答えを見つけ出す事ができるのです。

 

 

だから「占い」をすると、スッキリします。

 

 

これは「嫌われ者のカード」の「死神」

 

このカードが出た時には、決して「死」を意味しているのではないので、どうぞご安心くださいね。

ただし、「まるで死ぬかと思うほどの」終わりがやってくるかもしれません。

でもそれは、「人生の転換期」なのです。

 

 

意味だけ解釈すると、「別れ」「失う」「終わり」・・・・

 

 

ちょっと暗くなってしまいそう。

 

 

「死神」は「終わりの物語」のカードです。

勢いよく水が流れています。とても小さな湧水が、どんどん大きく育って、大きな川になりました。川は海に向かって、ますます勢いを増していきます。最終目的地の海は、まだ見えていないけど、勢いがある川は、決して枯れる事なく流れていくはずです。

真っ白な馬が、力強く、一歩づつ進みます。しっかりと真っ直ぐに前を向いているので、足元の情景を見る余裕はありません。もしかしたら、非情だと周囲が避難しているかもしれませんが、前しか見えないので気がつきません。

遠くにゲートがあります。ゲートには扉がありません。だから、ゲートの所に行けば、必ずゲートをくぐれます。

明るい方へ、明るい方へ、太陽が昇る方角に向かって進んで行こう。

きっと、いつか、辿りつけます。

 

 

<流れる水に目が止まる時>

自分の「本心」の存在を感じ始めた時です。

現状を変えたくなった時。でもまだ先は見えません。

 

<足元に倒れている人が目に止まる時>

失うことに対して受け入れる心の準備が必要な時。

忖度も必要。

 

<死神・馬が目に止まる時>

次の場所に行きたいと決意が決まった時。

行動を起こす時期と方法を具体的に決めていきます。

 

 

<懇願する王様が目に止まる時>

次に行けない状況がある、または行けない理由を自ら探している時。

最後の正念場。

行けない理由を探している限り、次には進めない。

本当に行きたいのか、もう一度再確認してみる。

 

 

<ゲートが目に止まる時>

誰かにドンっと背中を押してもらいたい時

背中を押すのは「自分自身」です。

 

 

どこに目が止まるのかは、お客様と鑑定士が「共鳴」した時に感じます。また、「どこが気になりますか?」と確認してもいいと思います。

 

 

タロットカードには、「テーマ」を教えてくれる大アルカナカードと、「方法・現象」を教えてくれる小アルカナカードがあります。

 

向かって左側のカードは、小アルカナ「ワンド・8」です。

 

 

実は、このカードが一緒に出た時、私はテンションがとても上がります。そしてワクワクしてきます。

 

 

ワンドは「行動」「情熱」のカードです。

あちらこちらから、ワンドがビュンビュン飛んできます。

自分に向かって飛んでくるのか、それとも自分から放り投げているのかは、その時のリーディングによって異なります。

 

 

もしも、ワンドがあちらこちらから飛んでくると感じた時

新しい「場所」に行けるチャンスが、思いがけないところから、ある時突然やってきます。迷っている暇はない、キョロキョロよそ見している隙に、ワンドはあっという間に地面に落ちてしまいます。

意外なところから、意外な人から、やってくる時。

視野を広く、でも集中して。

 

 

もしも、ワンドが自分から外に向かって飛ばしていると感じた時

できることは、とりあえず何でもかんでもやってみる。

お腹に力を入れてしっかり投げないと、ワンドは風に流されてしまうかもしれません。

なんとかなるさ、と、ちょっと能天気くらいが良い感じです。

外野は気にしない。

 

 

「死神」のカードは、終わりと同時に、次の始まりを見せてくれているのです。

 

 

「出来事」には「感情」はありません。ただ「起きる」だけ。

それをどう感じるのかで、「幸せ」「不幸せ」が決まります。

 

 

 

2018年・2019年は「土の気」が流れました。

(2020年2月3日まで「土の気」です)

2020年・2021年は「金の気」が流れます。

 

それをどう受け止めるかの「景色」は、人によって違いはありますが、来年は、みんな、気を受け止める「角度」が変わります。

 

 

「みんなで一緒」を強いられた「土」から

「わたしとあなた」が境界線を引ける「金」に変わります。

 

 

もしかしたら、「大きな決断」を迫られている人もいるかもしれません。また「決断」したいと動き始めた人もいるかもしれません。

そんな時には「死神のカード」を眺めてみてください。

「目に止まる箇所」が、あなたの「今の立ち位置」です。

「立ち位置」を確認して、進みましょう。

 

 

ゲートには扉はありません。いつも開いています。

 

 

「勇気とは、あえて危険をおかす能力であり、苦痛や失望をも受け入れる覚悟である」

                 エーリッヒ・フロム

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。