読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

2020年・今年もよろしくお願いします:「子」の年のおすすめ「行動」パターン:十二支の意識した「開運行動」

ブログ

明けましておめでとうございます。

 

昨年は、多くのお客様にお越しいただき、たくさんの「元気」をいただきました。ありがとうございました。

 

2020年も、コンピューター手相鑑定コーナーでは、ますます充実した内容の鑑定を、皆様に体験していただけるよう、取り組んでいきます。今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

また、元旦から、多くの方々に、お越しいただき、待ち時間が非常に長くなってしまい、ご迷惑をおかけしています。

「並んでも、手相を観てもらって良かった」

と、心から感じていただけるように、お並びいただいた「時間」以上の「運」を持ち帰っていただけるよう、お一人お一人と向き合いたいと思っています。

なので、「今年はこんな感じにしたい」と、ぜひ、欲張りに宣言して、質問もしてくださいね。

いつ、どんな感じで、「行動」すれば流れを利用できるかを、出来るだけ「具体的」にお伝えしていきます。

 

 

 

お正月期間は、ご家族揃って、お越しいただく方も多いです。

 

手相鑑定コーナーで、仕事をいただくようになってから、今回で、5回目の「お正月」になりました。

 

毎回、私の鑑定を受けに来てくださる方から聞く、「昨年の報告」は、私の「仕事の振り返り」もさせていただける、とても良い機会です。

そして、また、5年の「軌跡」を、お客様と一緒に感じる事で、改めて、運気が流れていて、「現状維持」はないことを思い知らされるのです。

 

 

良いことは、永遠には続かない

でも

辛く苦しいことも、また、永遠には続かない

 

 

人は、常に、歩き続ける。

その、歩き方と、方向を、運気を知ることで、ちょっとだけ、「お得」に「無駄なく」選ぶ事ができると思っています。

 

 

 

この時期は、1日の鑑定人数が、3桁を超えるため

のど飴

チョコレート

水分補給が欠かせない。

 

 

この期間は、「おやつを食べながらの鑑定」が許されます。笑。

 

 

 

差し入れの「GODIVA」

ありがとうございました。

 

その日のうちに、みんなで「完食」しました!

 

 

2020年

気持ちよく、風にのって、飛び立ちましょう。

 

 

 

今年の十二支は「子」です。

 

「子」は、小さな「小動物」で、ちょろちょろ動きまわります。

その動きは、予測不能。

小さな弱い動物は、予測通りに動いていては、「敵」に「次の一手」を読まれてしまい、たちまちやられてしまいます。

 

少しの「隙間」を見つけたら、迷っている暇なんかありません。

捕まらないために、とにかく、動く、走る。

 

大きな動物は、すぐには動けないので、居心地が悪くなったり、上手くいかなくなるかもしれません。

急ハンドルや、急転換ができないからです。

そんな時は、「小分け」にしても良いと思います。

 

 

今年は

「時間・時・タイミング」を瞬時に掴む。

そんな人に「運」が集まってきます。

 

そして、「子」はどんどん「子供」を産み出します。

掴んだ「運」が、大きく育っていくのです。

 

 

「生み出す」ために「時」を使う

 

例えば

目的もなくネットサーフィンするのでなく、ターゲットを絞って「検索」する。

アウトプットのための、インプットの時間を作る。

どうなるかわからないけど、お金と時間をかけてでも、心が喜ぶ事に挑戦をしてみる。

少しでも見込みがありそうだと感じたら、とりあえず、アクションを起こしてみる。

これはだめ・・・と感じたら、視点を変えて、再検討してみる。

 

そして、もう無理・・・と限界を感じたら、潔く「撤退」する。

 

 

こんな感じで、「行動」すると、「子」の気を上手く利用できるので、チャンスがチャンスを産み出してくれます。

 

「予測不能」を楽しみましょう。

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。