読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「二つ」の条件が揃っている「手」は、「運」をギュッと掴める握力があります:手相:「運命線」「太陽線」

ブログ

手相を観る時、一番肝心なところは「第一印象」です。

 

パッと手を広げた瞬間に、感じた印象は、全てではないけど、その時に感じたことは大抵当たっています。

 

例えば

忙しそうとか、楽しそうとか、疲れているのかも、などです。

 

それから、なぜそう感じたのかを、その人の「命式」や巡っている「運気」と照らし合わせて、鑑定をしていきます。

 

 

「印象」で観ている箇所は二つ。

スッキリしているかどうか。

縦線があるか、横線が出ていないか。

 

 

 

まずは、スッキリとした手相とは、「余計な細かい線がない」手相です。

余計な線がないのは、余計なことをしていない、または、余計なことを考えていないから。

 

なので、スッキリとした手相の人は、忙しくても大丈夫。

やりたくない事は、出来るだけ避けて、やりたいように行動をしています。

 

ただ、あまりにも、スッキリとしすぎている時は、マイペース過ぎて、ちょっと周りが大変かも。。。

でも、本人はそれさえ気づいていないほど、マイペースを貫けているので、「周囲に感謝しましょうね」と伝えます。

 

 

 

次に、縦線と横線について。

縦線は、どの指に向かって伸びている線なのかによって、解釈が異なります。

私が一番重要視しているのが、「中指」に向かう縦の線です。

「中指」は「自分」

なので、「中指」に向かう縦の線は、自分の目標に向かって行動していたり、意識が真っ直ぐに向かっています。

「運命線」と呼ばれている線のことですが、運命は自分が作っていくもの。なので、運命線が綺麗に真っ直ぐ伸びている人は、今、目標が叶っていなくても、それに向かって進んでいるので大丈夫です。

 

また、「薬指」に向かう縦の線は、「ご縁」に繋がる線です。

人脈だったり、タイミングに恵まれている人は、ここに綺麗な縦の線が伸びています。

「太陽線」と呼ばれる線です。

なので、太陽線が真っ直ぐに伸びている人は、運の良い人。

チャンスを掴むのが上手です。

太陽線が、2本3本出ていたら「最強」。

でも、恵まれ過ぎて、どのチャンスを掴もうかと、迷って優柔不断になってしまわないようにしなくてはいけません。

 

横に伸びる線は、横やりが入ったり、「できない理由を探す」事が得意な人に見られます。

細かい横線がたくさん出る時は、体の疲れも溜まっている状態なので、「休憩」が必要です。

 

 

手相は「予言」ではありません。

過去から辿ってきた「今」の自分を示しています。

 

右手は「外側の今」

左手は「内側の今」

 

右手は、行動や結果など。左手はやる気や欲。

諸説あるので、一概にはそうだとは言い切れませんが、私はそんな感じで「両手」を鑑定しています。

 

 

自分の手をパッと開いて、時々観察してしてくださいね。

スッキリしていて、縦の線がキラキラしていると感じたら、誰がなんと言おうとも、今やっている事に、間違いはありません。

自信を持って、進みましょう。

 

 

「運」の方から、やって来てくれますよ。

その手で、ギュッと掴みましょうね。

 

お知らせ一覧ページへ >

Category

Back number

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。