読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

10年ひと昔の意味:簡単四柱推命講座

ブログ

 

10年ひと昔とはよく言ったものだなぁと思います。

 

10年前を振り返ると、今こんな風に日々暮らしているなんて、想像もしていませんでした。

 

10年後も、こんな感じただったら良いなぁと浮かぶイメージはありますが、どうなるかは全く想像はできません。

 

 

運気の周期は10年サイクルです。

同じことを10年続けていると、次のサイクルに乗り損ねて、うまく進みにくくなってしまいます。空回りする感じです。

 

個人の運気も10年サイクルの運気も大切ですが、実は10年に一つづつ巡る運気(大運)があります。

四柱推命が当たると言われるのは、この10年に一つづつ巡る運気(大運)をしっかり読み解くからだと言われています。

 

大運は、個人の運気の50パーセントの影響力があると言われます。

60パーセント影響すると考えている推命家も多いです。

いずれにしても、かなりの割合で影響を受け、10年ごとに、人の運気の質が変わるのです。

 

 

 

大運を調べるのには、ちょっと手間がかかります。でも、浅野太志先生の本の巻末にある「万年暦」を使うと、あっという間に調べることができます。

 

浅野先生は、「運は自分で作ることができる」と強い思いを持って、日々活動をされています。

暦は利用するもの。暦が全てではありません。

 

私も浅野先生から、多くのものを学ばせていただきました。

 

 

大運の気が大きく変わる時、人生の転機です。

 

運気が先に変化して、自分が後からついていくよりも、変化を意識して、心の準備だったり、環境の準備を整えておくと、流れと同時に次のサイクルに乗ることができます。

 

大きな転機は、準備が整っていると大きなチャンスになります。

 

新しい自分のスタートです。

 

大運が切り替わる3年前から準備をする。

 

開けられないと思い込んでいた分厚い扉も、楽々と開けることができるかもしれません。

 

五気調整術 習得ベーシックコースでは大運についても詳しくお伝えしています。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。