読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「持っている人」は「二つの顔」を使い分ける人:東洋思想・陰陽理論

ブログ

東洋思想の「基本の基」の理論は、なんと言っても「陰陽理論」です。

「陰陽理論」とは、古代中国で生まれた思想で、一つの世界観を示したものです。

 

 

全てのものは、相対する、陰と陽の二つの要素から成り立っている

 

 

これが「陰陽理論」です。

 

光と影

表と裏

外側と内側

そして

太陽と月

天と地

昼と夜

また

男性と女性

背部と腹部

動と静

 

最初に記したものが「陽」

次が「陰」です。

 

このように、列挙するとキリなく際限なく列挙できます。

なぜなら、全て「陰陽」なので、どんどん列挙できるのです。

 

 

 

「陰陽理論」は、大まかに4つ定説があります。

 

・陰陽の対立

相反する面(上と下・左と右など)はお互いに助け合って存在し、一つの統一した世界を作っています。

 

・陰陽の相根作用

陰陽は、同じ根を持ち、依存しながら存在しています。対立する相手があって、はじめて存在することができます。

 

・陰陽の消長平衡

陰陽の量的関係は、絶えず変化していて、静止することはありません。一定の範囲の中で、”陰が増えると陽が減り、陽が増えると陰が減り”それを繰り返しています。

 

・陰陽の相互転化

対立する陰陽が、ある条件の元で極まると、反対の性質に転化します。”陰が極まると陽になり、陽が極まると陰になる”

 

陰と陽

どちらも大切。どちらも必要。

つまり、どちらが「吉」で、どちらが「凶」で解釈できるものではないという事なのです。

 

 

 

先日のこと。

 

「命式を伝える時、日干支が”陰”の場合、なかなかポジティブに受け入れてもらえないことがある。”陽”は良くて”陰”は良くないというイメージを、持っている人が多い」

 

そんな話を聞きました。

 

「陽」は明るく、「陰」は暗いので、どうしてもその様な受け止め方も仕方のない事かもしれません。

 

そんな時には、「陰陽理論」の奥深さを伝えていき、両方存在してこそ、一つの世界を作り上げていることを、感じてもらうしかないと思っています。

 

でも、これは、本当によくある反応。

 

 

前向きは良し

後ろ向きは悪い

 

その呪縛に、がんじがらめになってしまい、運気の流れを必要以上に偏らせてしまう。

 

「不具合」や「故障」は、全て、陰陽のバランスがどちらか一方に、偏りすぎてしまったために起きる「景色」です。

 

 

日柱干支の「陰陽」の解釈については、こちらの過去ブログにも書いていますので、良かったら読んでみてくださいね。

『「陽」の人と「陰」の人・上手くいくのはどっち?:日干支から「個性」を割り出す:四柱推命は深くてとても面白い』

 

 

 

全ての「気」は、全て必要だからこそ存在しています。

 

全ての中から、今の自分にとって、最も適切な「気」を掴むこと。

それができる人が、いわゆる「持っている人」、つまり「運の良い人」なのです。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。