読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

「子丑空亡」がやってきた:そもそも「天中殺」「殺界」とは何か:簡単四柱推命講座

ブログ

「占い師」として仕事を始めてから、幾度となく、繰り返し出てくるキーワードがあります。

 

それは

「天中殺」「殺界」

 

「殺」と言う文字を見ただけでも、ドキドキゾワゾワ怖くなってしまう・・・

 

 

今年から天中殺だから、怖くて・・・

この2年間は、何も殺界だから何もできない・・・・

旅行も控えた方が良いかも・・・・

 

実は、その発言が出ている時点で、「残念な年」になる可能性を、自らぐんと引き揚げてしまっているのです。

 

そんな時には、

そもそも天中殺とはなんぞや

なぜ殺界は大きいことを決断しない方が良いと言われているのか

 

その説明をして、「見えない敵」を少しでも見える形でイメージできる様にお話しさせてもらっています。

 

 

暦は二階建て構造です。

 

上の部分は「干支」が担当

干支には10 個のパターンがあり、それが順番に巡っています。

順番は

「甲」→「乙」→「丙」→「丁」→「戊」→「己」→「庚」→「辛」→「壬」→「癸」

「癸」まで巡ったら、また、「甲」に戻って、次のサイクルが始まります。

 

干支が示しているのは、「動く様」

つまり、景色として、視覚化できる「行く様・流れ」です。

 

 

下の部分は「十二支」の担当です。

十二支は、形のない「雰囲気」を示します。

十二支は12個のパターンがあって、こちらも順番に巡ります。

「子」→「丑」→「寅」→「卯」→「辰」→「巳」→「午」→「未」→「申」→「酉」→「戌」→「亥」

干支と同じ様に、「亥」まで巡ると、振り出しに戻って、「子」から次のサイクルが始まります。

 

十二支が示すのは、時間・季節・方角・思い、など

刻々と流れてはいるけれど、「一言で言うならばこんな感じ」とキーワードでは示しにくいもので、「なんだかこんな感じを受ける」と言った様に、「流れる雰囲気」でイメージをすると解釈しやすいと思います。

 

そして、順番に、二階建て構造にすると

「甲・子」→「乙・丑」→「丙・寅」→「丁・卯」→「戊・辰」→「己・巳」→「庚・午」→「辛・未」→「壬・申」→「癸・酉」

 

ここまで来たところで、干支が10 個巡ります。そして、十二支の「戌・亥」が残って、次のサイクルの干支に繰り越します。

 

スタートから10 個の干支には「戌・亥」が「不足」しているために、このグループを「戌亥空亡」(四柱推命では天中殺のことを空亡と言います)と言います。生まれた日の干支がこのグループは、平たく言うと、「戌年と亥年が殺界」の人となります。

 

干支と十二支の組み合わせは、60個あり、「空亡グループ」は6個できます。

 

日本の鑑定では、「年」だけが、「殺界」としてクローズアップされがちですが、「殺界」は、時間や方角、季節もあり、なので、「殺界の年」だから「悪い」と言い切れない「複雑な事情」があることが、お分かりいただけるかと思います。

 

空亡表

日柱干支

方位

甲子 乙丑 丙寅 丁卯 戊辰 己巳 庚午 辛未 壬申 癸酉

戌・亥

10月・11月

北西

甲戌 乙亥 丙子 丁丑 戊寅 己卯 庚辰 辛巳 壬午 癸未

申・酉

8月・9月

西南・西

甲申 乙酉 丙戌 丁亥 戊子 己丑 庚寅 辛卯 壬辰 癸巳

午・未

6月・7月

南・南西

甲午 乙未 丙申 丁酉 戊戌 己亥 庚子 辛丑 壬寅 癸卯

辰・巳

4月・5月

東南

甲辰 乙巳 丙午 丁未 戊申 己酉 庚戌 辛亥 壬子 癸丑

寅・卯

2月・3月

東北・東

甲寅 乙卯 丙辰 丁巳 戊午 己未 庚申 辛酉 壬戌 癸亥

子・丑

12月・1月

北・北東

 

今年、子年と丑年が「殺界」となるグループは、一番下の「日干支」の人たちです。

 

 

殺界は、2年ごとに切り替わるため、表の一番上のグループは、晴れて殺界が抜けたグループ。

お疲れ様でした。もう今後10 年は殺界が来ませんよ!と、いう事になります。

 

なので、昨年末から、「子丑空亡」さんたちが、ソワソワ不安になって、やはり、「相談率」が高めです。

 

 

 

それでは、「子丑空亡」がどんな「景色」なのかと言うと

 

「子丑」は「北方向の世界」です。それが、「亡くなって」いるために不自然に空洞化しています。

北方向の世界は、目上の人や学問など、先人たちの世界です。

気は「安定」しようとして、動きます。

北方向が空となると、真逆の「南」が強くなって、引き寄せます。

南方向の世界は、目下の人や夢など、これからの可能性が詰まった世界です。

 

なので、「子丑空亡」の人たちは、良く言うと独立独歩の大器晩成型。大きな試練も物ともせずに、つい戦ってしまう人。

なので、思わず、「そんなに頑張らなくても・・・」「あなたが全部かぶらなくても・・・」と、労ってあげたくなる人。良い意味でも、悪い意味でも、楽天家です。

そんな感じの人のグループです。

 

 

十二支の気は、行動の基盤・動機となる「思い」を宿しています。

なので、「空亡」に当たると、「思い」がふわふわ定まらず、「心ここにあらず」の状態になりやすいとされています。

鑑定していて感じるのは、「不安」や「心配事」を、自ら大きく育ててしまう人が多いです。

それは、「暗いトンネルの中で暴走している」とか「お化け屋敷で恋に落ちる」みたいな感じです。

 

なので、「子丑空亡グループ」の人が、子・丑年には、「楽天家にもほどがある」とか、「一人で抱え込むにもほどがある」みたいな感じになりがち。

 

十二支は、実態のない「気」です。

なので、殺界期間に気持ちが不安定になってしまったら

「心配事」を紙に書き出して、「外」から他人目線で観察して見てくださいね。

 

あれ、これって、今悩む事でもないかも。。。

 

そんな風に、きっと、「冷静」になれるはずです。

 

ただし、午後11時から午前3時までは、紙に書き出さないでくださいね。

その時間は「子丑の時」

つまり、「子丑空亡の時」なのです。

ネガティブにハマりやすい時刻なので、その時間は、すやすやと夢の中でお過ごしください。

 

 

 

森羅万象全ては「気」の集合体です。

 

全ての「気」と自分の「気」が、出合って、混じり合い、化学反応を起こして、様々な「景色」を作り出します。

自分の「気」だけで「存在」しているのではなく、「自分」と「自分以外」の「気」が出合い、その人の「運気」を彩ります。

時が常に進むように、太陽が昇ったり、陽が沈むように、お天気がクルクル変わるように、織りなす「景色」は無限に変化をし続けていきます。

それは、今この瞬間も、これからもずっと、変化をします。

 

 

〇〇の運気だから、必ず〇〇になる

 

だから、これは、有り得ない解釈なのです。

 

 

「運気」は良し悪しで判断するものではなく

「自分だけの景色」として、まずは、じっくりと感じていただきたいなと思っています。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。