読み込み中

協会からのお知らせ

ブログ

2020年2月9日は「庚・金」の年の最初の「満月」です:月・太陽「オポジション180度」

ブログ

明日 2020年2月9日 16時33分

月が、獅子座の「場所」で、満月を迎えます。

 

満月とは、月と太陽が、地球を中心とした時に、真っ正面に向かい合う位置となる事です。

この位置関係のことを、占星術では「オポジション」にあると言い、180度で交わる関係は、「ハードアスペクト」として、「緊張する関係」であると解釈をします。

 

「緊張」とは、決して悪いだけの意味ではなく、両者向き合ってよそ見をすることが許されないので、しっかりと影響を与える、または、受ける関係であると解釈をします。

 

公転周期が遅い天体が、周期が早い天体に対して影響を与えます。

 

なので、満月とは、月が太陽のスポットライトを浴び、明るみに照らされるので、「本音」が炙り出されるのです。

陰に隠れていた「ネガティブ」さえも、しっかりと炙りだしてしまいます。でも、それは、「ネガティブ」の中の「光の部分」にスポットが当たる事でもあるのです。

 

 

 

獅子座は「火」

情熱的で、ドラマティックな星座

なので、時として「自己中心的」になってしまうことも。

 

月は「感情」の天体

それはまるで「子供」のように、素直な感情

 

獅子座の月は、情熱のままに。勝手気ままに。自分の感情のまま、まるで演じているかのように振る舞いたい月

 

 

一方で向かい合う太陽は、水瓶座

水瓶座は「風」

人に流されることなく、自由気ままな星座

 

太陽は「行動」の天体

目標を掲げて動きます

 

 

明日は

太陽が月に向かって

諦めずに、挫けずに、頑張ってきたからこそ、やっと、ここまで進んで来れたね

そんな感じで褒めてくれる。そして、その言葉を聴きながら

月は、なんだか自分の「心」が強くたくましくなった気分になってきて、自分を信じる自信と、これから進む勇気が湧いてくるのです。

 

 

わたしって、結構やるじゃん!

 

明日は、そんな気持ちになれる「満月」です。

 

 

2020年2月4日から

暦は「庚(金・陽)」が巡り始めました。

なので、明日は「庚」の気の最初の満月です。

 

2月の月は「戊(土・陽)」が巡っています。

「土」の気は、「金」を育てる「母」の気です。

なので、2月は、「金」を産み出し外に向かって押し出し始める「景色」です。

 

「土」の感情は「信じる気持ち」

 

信じる気持ちが「土」を大きく、強くしていきます。

そして、大きくたくましくなった「母」は、何があっても「金」を育てようと決意をします。

「土」は「金」を信じます

それはまた、「土」つまり自分自身を信じる事でもあるのです。

 

地に足をつけて

目の前のことに向き合って

自分の心だけを感じて

今年の「テーマ」を決める

 

そして、山のような揺るぎない「決意」が固まる

 

 

2月はそんな感じの「景色」です。

 

 

満月の日は

自分を思いっきり褒めてあげる日

 

いろいろあっても、でも、ここまで出来たことを振り返り

そして、それから、叶わなかったことを思い描いてみると、案外、「これは、叶わなくても良いかも・・・だって、自分の本音ではないから」と、手放しても良いと、気がつくかもしれません。

 

失っても大丈夫

春に向けて、新しい「金」がいよいよ生まれるから

 

その準備を始めましょう。

 

お知らせ一覧ページへ >

もっと知りたい方は
こちらをご覧ください。

五気調整とは

習得コース

協会について

卒業生の声

あなたの未来が
幸せでありますように。